「Fate/EXTRA CCC」 セイバーで攻略開始 第6章

   

「Fate/EXTRA CCC」の第6章のストーリー、戦闘、イベントに関して書きたいと思います。男主人公、セイバーで、難易度はマニアックでプレイしています。
(※関連:「Fate/EXTRA CCC」 セイバーで攻略開始 第5章)
第6まで来ると生徒会メンバーだけでなく、旧校舎のNPCたちもどんどん消えていってしまいます。そんな中タイガーだけ月の表側に戻り授業を行うためにいつもと変わらずタイガークエストを発動してくれるんですよねww。タイガーは先生の鑑やな。


・第6章
(ストーリー)

第6章はメルトリリスがセンチネルをつとめます。
メルトリリスとその後に控えるBBの対抗策を考える主人公たちは緑衣のアーチャー(ロビンフッド)やアリスたちの犠牲によりBBの謎とメルトリリスのシークレットガーデン2を入手することに成功します。
しかし依然としてメルトリリスの無敵性に対しての対抗策が見つかりません。メルトリリスはムーンセルに介入し、月の裏側での基本ルール『時間感覚の喪失』を『自身への当たり判定の喪失』に書き換えていました。そんな中意外なことにBBの助けによりメルトリリスの無敵性が無効になります。
メルトリリスの無敵性が無くなったにもかかわらず、メルトリリスは自身のレベルをカンストさせるまで上げており、まだ圧倒的な実力差がありました。
そこに助けに駆けつけたのが間桐慎二です。彼はレベルダウンさせるウイルスを大量に飲んでおりメルトリリスに貫かれドレインさせることにより、メルトリリスのレベルを1にまで下げることに成功します。
なぜ自分を助けたのかと問う主人公に対して慎二は
「だってお前……泣いたじゃん。」
「なんかさ……アレ、嬉しかったんだ。優勝したって記録は残らなかったけど……それぐらいは残ったんだなって……お前が死んだら、もう誰も、僕のために泣かないじゃん」

と言い残し消滅していきます。
多くの犠牲がありメルトリリスを追い詰め、ついに撃破することに成功した主人公はBBとの対決のため中枢を目指して進みます。
しかし突然目の前に今まで以上に巨大な桜のレリーフが現れ、そしてBBがすでにムーンセルを掌握していたことが明らかになり主人公たちは旧校舎へ引き返すことを余儀なくされます。
(戦闘)
第6章の戦闘ですが、第5章でのエリザベート戦で苦戦したのでかなりレベル上げをやったので苦労せず1回で倒すことができました。
気を付けるべき点はスキルの「さよならアルブレヒト」を使ってくると使用したターンはメルトリリスは無敵になるのでそのターンでスキルや宝具を使用しないということです。
「さよならアルブレヒト」は主に「許されぬヒラリオン」の効果中に初手で使用してきます。
まあ、セイバーならコードキャストで耐久を上げておけばスキルに頼らずほとんど通常コマンドのみで戦闘が行えますので、「さよならアルブレヒト」を使ってきてもMPを損するということにはならないと思いますが。
そしてメルトリリスの宝具である「弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)」はメルトリリスのHPが半分以下になると使用してきます。この「弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)」の効果により、こちらの有利な状態変化が奪われてしまいますので、セイバーの「三度、落陽を迎えても(インウィクトゥス・スピリートゥス)」は使用しない方が良いです。
まあそんな感じで。セイバーであってもいつものように「三度、落陽を迎えても(インウィクトゥス・スピリートゥス)」で保険を掛けられないですが、逆に「三度、落陽を迎えても(インウィクトゥス・スピリートゥス)」をメルトリリスの宝具「弁財天五弦琵琶(サラスヴァティー・メルトアウト)」で奪われさえしなければそこまで苦戦はしないはずです。
(イベント)
・サーヴァントがセイバーの場合、
サクラ迷宮16Fで「月桂冠の枝」を入手できます。それを旧校舎3年の教室にいる女子NPCの渡すと「月桂冠のヴェール」を入手できます。
「月桂冠のヴェール」を入手するとマイルームで特殊会話が発生してセイバーのシークレットガーデン2を入手できます。そしてその後セイバーを押し倒すというムフフなイベントが発生します。
・サクラ迷宮16F侵入後、生徒会室でイベントがあり保健室で桜と会話イベントがあります。その時に桜に30000サクラメントを譲渡することになりますので、サクラメントに余裕を持たせておいて方がよいかと。
・サクラ迷宮16Fにてサーヴァントの水着を入手することができます。
・サクラ迷宮18Fに入る前に保健室で桜と会話イベントがあります。
ということで以上です。
イベントに関してはもうここまで来るとほとんどサーヴァントと桜のことだけになってしまいますね。
どうやらエンディングは2通りあるらしく桜やBBとの会話や選択肢でフラグが立つかどうか決まっているらしいのでとりあえずクリアしたらまとめてみます。
それにしても桜にサクラメントを譲渡するイベントってなんかFate/stay nightのHeaven' Feelルートに似ていますね。まあこの「Fate/EXTRA CCC」も桜がメインヒロインなんだから似ていて当然なのかな。
しかしストーリーはほんとにクライマックスが近づいてきたと感じます。
緑衣のアーチャーもアリスも主人公に感謝しながら消滅していくのは「Fate/EXTRA」をプレイしているとぐっとくるものがありますね。
そして慎二も主人公のために身を挺して犠牲になって消滅していくときにまさかあんなセリフが聞けるとは。てっきり最後まで嫌味なセリフを残していくものと思っていたので、意外でした。
それにしても慎二がメルトリリスの足止めをするために用意したトラップがワカメだった時には笑ってしまいましたww。しかもメルトリリスはかなり嫌がっており足止めにかなり効果的でしたしねww。
それにしてもこの第6章まで来るとサーヴァントのレベルが45レベルくらいまでになっているんですが、前作の「Fate/EXTRA」はラスボス戦で40レベルくらいでしたので、「Fate/EXTRA CCC」はラスボスまで行く頃には50レベルは確実に超えていそうですね。
で2週目以降の引き継ぎ要素として同じサーヴァントならレベルも引き継ぐのでレベル99もあながち不可能ではなさそうですね。
あと、前作の「Fate/EXTRA」ではセイバーのスキルの「花散る天幕(ロサ・イクトゥス)」と「童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)」が同じアクションで残念でしたが、今作の「Fate/EXTRA CCC」では「童女謳う華の帝政(ラウス・セント・クラウディウス)」のアクションが新しくなっていてかっこよかったです。
次の第7章でいよいよラストですね。

 - TYPE-MOON