「Fate/EXTRA CCC」 セイバーで攻略開始 CHAPTERサクラ

   

「Fate/EXTRA CCC」のCHAPTERサクラのついて書きたいと思います。
この章は短いのでいつものようにストーリー、戦闘、イベントというようには分けません。
(※関連:「Fate/EXTRA CCC」 セイバーで攻略開始 第4章)


・CHAPTERサクラ
第4章でサーヴァントとの契約を白紙にされ、虚数空間に落とされた主人公ですが、諦めず抗い続けます。
そこをBBに寝返ったと思っていたユリウスにより助け出されます。どうやらユリウスはBBの目を欺くために旧校舎の凛たち襲ったようだが、殺してはいないとのこと。
そして主人公をあるところへ向かわせるために自分の身を犠牲にして主人公を守ります。なぜそこまでするのかという主人公の問いにユリウスは唯一の友人だからと答え消滅していきます。
ユリウスにより主人公が転移させられた場所は自分のサーヴァントの元。
第4章でBBにより主人公との契約を白紙にされたサーヴァントは主人公のことも忘れています。しかし主人公の呼びかけに再び応え、主人公のサーヴァントとなります。
そして旧校舎に戻り、このCHAPTERサクラは終了です。
私の文章では「Fate/EXTRA CCC」をプレイしていない人には伝わらないかもしれませんが、このCHAPTERサクラはかなりテンションが上がるパートです。
なんてったって裏切ったと思っていたユリウスが主人公のことを唯一の友人だといい、身を挺して助けてくれ、そしてサーヴァントとの絆を取り戻し宝具が解禁されるパートですから。
ユリウスは表の聖杯戦争で主人公に救われたといっていましたから聖杯戦争は7回戦の主人公vsレオまで進んでいたことになります。5回戦で主人公に敗れたユリウスがゴーストとなり主人公に再び戦いを挑み、敗れ主人公に救われるのは7回戦の途中ですので。
サーヴァントとの絆を取り戻すシーンから宝具解禁の流れもかっこいいですね。実際戦闘も楽になりますし。ちなみにセイバーの宝具である「招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)」の発動の際のアクションが前作の「Fate/EXTRA」から改良されています。
実は通常コマンドの戦闘アクションも改良されていて、「BREAK」と「GUARD」のアクションが前作の「Fate/EXTRA」では一つしかなかったのですが、今作の「Fate/EXTRA CCC」ではちゃんと3つありチェインがつながるとアクションが見れます。エクストラターンでの攻撃アクションも3手完勝の時と、6手完勝の時で変化するようになっています。

 - TYPE-MOON