「Virtual Cycling」 室内にいながら世界中をサイクリング

   

フィットネスクラブなどにあるサイクリングマシンで私も時々トレーニングすることがありますが、あれって景色が楽しめなくて単調なので結構飽きますよね。
そんな悩みを解消するかもしれないのが、この「Virtual Cycling」です。
この「Virtual Cycling」はサイクリングマシンをこぐとモニターに表示されたGoogleストリートビューで景色が進んでいき、室内にいながら世界中をサイクリングできるというものです。
この「Virtual Cycling」は日本のベンチャー企業「キーバリュー」の第1弾試作品で、反響を見て販売を検討するそうです。

フィットネス自転車とマイコンボード、iPad(iPhone)、センサー付きヘルメット、テレビ、扇風機などを接続。ペダルをこぐのに合わせてテレビ画面上のGoogleストリートビューが更新され、走る速度が上がると扇風機からの風量が増え、風を感じながら走ることができる。
 ヘルメットに加速度センサーを搭載。体の傾きに合わせて右折、左折が可能だ。耳たぶに運動量を分析するセンサーを装着すれば、iPadで運動量を観測し、結果をソーシャルメディアに投稿することも可能。室内でも飽きずにトレーニングできるとしている。
(※引用:室内で世界中をサイクリング「Virtual Cycling」 ストリートビュー+フィットネスマシンで)

ということでこの引用元の記事では「Virtual Cycling」を紹介するyoutubeの動画も貼られていて、動画を見ることができるのですが、
Googleストリートビューで景色が更新されていくのですが、景色の更新がカクカクでスムーズではない。
・引用文にあるように曲がる際は身体を傾ける必要があります。ただ、サイクリングマシンはハンドル操作ができないですし、当然傾けることもできないので、身体だけ傾くことになります。
なので、動画で見る限り曲がる際の人間とサイクリングマシンとの一体感がイマイチな気がします。
とまあ私がパッと思いつく問題点を考えてみたわけですけど、
この「Virtual Cycling」は試作品ですし、問題点なんてあって当たり前なわけで、
それよりも室内で世界中をサイクリングするという発想にいたり、実際に「Virtual Cycling」を作ってしまうことがすごいと思います。
まあ私は過去の記事を見ていただければわかると思いますが、実際に室内でGoogleストリービューの景色を見ながらサイクリングより、屋外にサイクリングに行きたいと思う方です。
しかしながら中には、サイクリングに行きたくても行けない人だっているでしょうし、
私だって海外へのサイクリングはかなり躊躇しますしね。
とりあえず、何年後かにフィットネスクラブのサイクリングマシンにこの「Virtual Cycling」が設置されるのを楽しみにしていますかね。

 - 自転車・サイクリング