アニメ「きんいろモザイク」 第1話 感想 ※追記あり

   

アニメ「きんいろモザイク」第1話が放送されました。
これは今期2013年夏アニメのほのぼの日常系のアニメの中で一番ブヒブヒ萌えることができそうで、これから見ていくのが楽しみです。
(※追記アニメ「きんいろモザイク」 第2話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「きんいろモザイク」第1話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
この「きんいろモザイク」はまんがタイムきららで連載されている漫画が原作なので、当然まんがタイムきららは購入して読んでいない私はアニメから入ったわけですけど、
最初は大宮忍ちゃんのイギリスでのホームステイを描くアニメなのかと思いましたww。
声優さんも英語が上手で字幕も表示されるので英語の練習にもなってええやんと思っていたわけですけど、そのイギリスのホームステイ先で忍ちゃんが仲良くなったアリスが高校生になって日本の高校に編入してきてからが本編なわけですね。
どうやら「きんいろモザイク」の第1話の前半部分である忍のホームステイは原作漫画だと4コマ1つだけで終了しているらしいです。
ですので、アニメの制作でいい感じにオリジナルストーリーを追加してブヒれるようにしてくれたみたいです。

アニメの制作会社は違いますが、「けいおん」なんかも元は4コマ漫画でしたが、アニメでオリジナルストーリーを追加していい感じに女子高生たちの部活動による青春を描いていて人気が出たわけで、
この「きんいろモザイク」も元は4コマということなので、アニメオリジナルのストーリーをうまい具合に追加してストーリーを広げていけってほしいですね。
キャラクターデザインも個人的に今期の2013年夏アニメの中で一番好きなんじゃないかと思います。
「きんいろモザイク」の公式HPを見た限りだと、まだ第1話には登場していませんが、九条カレンちゃんが可愛いと思いました(ゲス顔)。

なので登場が楽しみです。
(※「きんいろモザイク」公式HP)
ところでストーリーとしては忍がどのくらいイギリスのホームステイしていたのかはわかりませんが、ホームステイしていてハローしか話せないってどうなんよww。
別れ際で感動する場面なのにハローとコンニチハーでやりとりしていて、感動する場面なのか笑う場面なのかわからなくなりましたww。
ちなみに友人が言うには3か月くらい海外で生活していると、頭が完全に英語に切り替わって、何の問題もなく英語で会話することができるようになるらしいです。

 - 2013年アニメ