アニメ「きんいろモザイク」 第5話 感想 ※追記あり

   

アニメ「きんいろモザイク」第5話が放送されました。
忍のお姉ちゃんの勇回になるかと思いきや、陽子回でもありましたね。
ってか最後の勇が撮った写真をスマホで見てましたけど、綾が写っている写真が一枚もなかったような気が…。
いやきっと、綾は勇が写真を撮ろうとしたら恥ずかしがって隠れちゃったんだよ。
うん、きっとそうに違いない。
(※関連:アニメ「きんいろモザイク」 第4話 感想)
(※追記アニメ「きんいろモザイク」 第6話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「きんいろモザイク」第5話の感想を書こうと思います。


以下感想
冒頭から早速忍がボケをかましてくれたわけですが、夏休み明けで先生をお母さん、お父さんと言ってしまう生徒はクラスに一人くらいはいたような気がします。
私は言いそうになりましたが、何とか言わないで済んでいたと思います。記憶では。
でも、そういう風に呼び方を間違えちゃうのって夏休み明けとか長期の休み明けの後ですよね。
「きんいろモザイク」第5話ってヒマワリが咲いてましたし、季節的に夏休み前だと思うわけですが、それでも呼び間違えちゃう忍はさすがやな。
それにしても猫じゃらしを片手に陽子を手をつないで下校する忍は可愛いな~。
あと、忍と陽子の小学校のクラスメイトがやたらキウイを推す会話をしていてすごい気になっちゃったわ。
んで、忍が数学のテストで0点を取ってしまったので、綾に勉強を教わるわけですが、
綾の隣の席の男子!羨ましすぎるぞ!!
カレンに机に上に座られて、しかもその後、カレンその机で寝てるじゃないか!!なんかよだれ垂れてたし。
何かというか「きんいろモザイク」でメインの5人全員を映す描写があると、ついついカレンに目がいってしまうんですよね~。
忍の家で勉強会をした時も、一人ベッドで本を読んでいるカレンに目がいってしまいましたし。
昼食の後もカレンは陽子のほっぺを引っ張って遊んでいて可愛かったし。
カレンの破壊力がハンパないですね。
それとカレンって意外だったんですが、忍や綾より小さいんですよね。なんかイメージでは陽子に次いで背が高いイメージがありました。
ところで綾のお弁当の味が薄いことをアリスとカレンがはっきりと指摘していましたが、やっぱり海外の方はこういうことははっきりと言うんでしょうかね。
まあでも大方の日本人ははっきりと言わないですよね。それが美徳でもあり、悪いところでもあるわけですが。
あと、忍って家にいる時もメイド服を着ているんですね。
そりゃお姉ちゃんもあきれますわ。
しかもアリスにいろいろと服を着せて、はあはあ言ってるなんて、もう中身がただの金髪好きのオヤジですよね。
最後に「きんいろモザイク」の舞台って千葉で、忍たちが住んでいるところは千葉県佐倉市の京成臼井駅の近くという設定らしいですが、今回皆で写真撮影した公園はどこになるんでしょうかね。
また情報がわかったら書きます。

 - 2013年アニメ