アニメ「きんいろモザイク」 第7話 感想 ※追記あり

   

アニメ「きんいろモザイク」第7話が放送されました。
今回の「きんいろモザイク」第7話はもう季節が秋でした。ということで秋に学校でいろいろとありそうなことを詰め込んだ回って感じですね。
(※関連:アニメ「きんいろモザイク」 第6話 感想)
(※追記アニメ「きんいろモザイク」 第8話 感想追加しました。)
ということでアニメ「きんいろモザイク」第7話の感想を書こうと思います。


以下感想
忍たち5人は選択科目は音楽を選択しているようで、一人ずつ歌うテストでした。
綾は音痴キャラなのか~。
ちなみに私は選択科目は書道を選択していました。音楽を選択したら絶対人前で一人で歌うようなテストがあるだろうと思って選択できませんでした。
綾も音痴で人前で歌うのが嫌なら他の科目を選択すればいいのにと思うわけですが、きっとそれだと他の4人、特に陽子と離れてしまうから嫌だったんだろうと勝手に思っています。可愛いのう。
そしてスポーツの秋ということでジャージ着て体育です。しかし1km走るだけでそんなにバテて大丈夫か?
烏丸先生はジャージが大好きなんですね。
気が合いますね。私もジャージが大好きで、大学生の頃はほぼ毎日ジャージで大学の講義に出ていました。というのもまあ私の所属していた学科は実技科目もかなり多くほぼ毎日何かしらの実技をやっていたので、そのたびにいちいち着替えるのがめんどくさいんですよね。
なので最初からジャージなどの動ける格好でした。もちろん私以外の学科の友人たちも。
ってか中学や高校って確かに学校指定のジャージがありましたが、体育の時間に着るのって駄目じゃありませんでした?
私の学校ではマラソンとかのインターバルに着るのはオッケーでしたが、実際に走るときはジャージを脱いで体操着でないとダメでした。
カレンは昼食はお弁当を食べた後、クラスメイトからお菓子とかもらって忍たちのクラスへきているとのこと。
カレンのクラスメイトたちはカレンのあまりの可愛さに嫉妬してカレンにお菓子を与えて太らせるつもりだな、きっと。なかなかやるなww。
それにしても忍は「食べ物を与えないでください」のプレートをカレンにかけるとは。
忍は時々ドSになりますよね。この時々どSになる忍は結構好きです。
ところでカレンはこれまでも居眠りをしているところがたびたび描かれているわけですけど、居眠りって日本人特有といってもいいくらい他の国の人はしないらしいですね。
電車に乗っているサラリーマンが寝ている姿とかを外国人が写真撮ったり、時々海外のネットやテレビでニュースになるくらい珍しいことだそうです。
まあそれだけ日本が治安が良いということと、それだけ勤勉に仕事をしているということだと思うわけですが。
ということでハーフとはいえ、イギリスで暮らしていたカレンが居眠りするのはかなり珍しいことだと思うわけですが、それだけ日本に染まっているということですかね。
あと、カレンが英語の小テストで鉛筆を転がしてたのは、英語がわからないというより日本語で書かれた問題文がわからないってところでしょうかね。
それにしても忍は本当によくわからないキャラですね。それが魅力ですけど。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ