アニメ「たまゆら~もあぐれっしぶ~」 第1話 感想

   

いよいよ2013年の夏アニメが始まりましたね。
2013年の春アニメは全然本数を観ませんでしたが、この2013年夏アニメは出来る限り観て、感想を書いていこうと思います。
ということで、アニメ「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第1話を観てみました。
1期のアニメ「たまゆら~hitotose~」は見ていませんが、まあ見てみます。
ってことで感想は感想でも1期の「たまゆら~hitotose~」を見ていないので、とんだ見当違いのことを書くかもしれませんが、その時はご了承ください。


以下感想。
今回、1期のアニメ「たまゆら~hitotose~」を見ていないにもかかわらず、2期の「たまゆら~もあぐれっしぶ~」を見てみようと思ったきっかけは、この「たまゆら」の舞台が広島だということと、キャラクターの絵が可愛いからということです。
「たまゆら~もあぐれっしぶ~」の公式HP(「たまゆら~もあぐれっしぶ~」公式HP)のトップページの絵の背景を見る限りだと、広島の尾道みたいな景色だなと思ったわけですが、wikiによると広島県竹原市のようで、尾道よりももっと西なんですね~。
しかしながら、このアニメ「たまゆら~もあぐれっしぶ~」第1話を見るとかなりしっかりとロケハンして描かれていそうな背景が多く、アニメの舞台を聖地巡礼する人たちにとってはかなり舞台探訪のしがいのある作品なんではないでしょうかね。
そしてキャラクターの絵柄ですが、文句なく可愛いですね。私はこういうキャラクター絵柄好きです。
ちょいちょい作画スタッフ明らかに狙っているだろという作画があるのも好印象ですね。狙いすぎてあざとくなるアニメとかあるんですが、この「たまゆら~もあぐれっしぶ~」は個人的にその加減が絶妙ですww。
あと「たまゆら~もあぐれっしぶ~」のOPテーマソングが坂本真綾さんが歌う「はじまりの海」という歌で、「たまゆら~もあぐれっしぶ~」のイメージと何となく合っていて良かったです。
やっぱり坂本真綾さんの歌声には癒されますわ。
ということで「たまゆら~もあぐれっしぶ~」は次回からも見ていこうと思います。
次回は沢渡楓ちゃんが写真部を発足させるために部員を集めたりとかするんですかね?

 - 2013年アニメ