アニメ「サーバント×サービス」 第5話 感想 ※追記あり

   

アニメ「サーバント×サービス」第5話が放送されました。
ルーシーの隣に寝ていた長谷部に似た女性は長谷部の姉でしたね。
まあそれはそれとして今回EDを歌っているのが三好さん役の中原麻衣さんでしたね。
(※関連:アニメ「サーバント×サービス」 第4話 感想)
(※追記アニメ「サーバント×サービス」 第6話 感想追加しました。)
ということでアニメ「サーバント×サービス」第5話の感想を書こうと思います。


以下感想
今回一宮さんと千早さんが付き合っていることが明らかになったわけですが、一宮さんいろいろとメンタル弱すぎww。
そして、千早さんに嘘だと言ってあっさり納得しちゃうルーシーはちょろすぎww。
長谷部は千早さんに嫌われているのが何となくわかったと言っていましたが、それはよく長谷部が一宮をからかっているからですかね。
ところでこの千早さん、三好さんと塔子がパフェを食べに行く約束をしていたのを見ていて、塔子が家を留守にする時間帯を狙ってきたり、職場でもなんだかんだで一宮さんに気を使っていていい彼女じゃないですか。
塔子が帰ってきたときはこれから修羅場になるのかと思いましたが、帰ってきたときの対策もばっちりで素晴らしい。
あと、「サーバント×サービス」にしても「Working!!」にしてもそうですが、一宮さんと千早さんがラブラブなことされてもイメージ的に合わないのでそういうストーリーにならなくてよかった。
そして、長谷部ですが、一人暮らしの自宅にフィギュアとかエロゲーとかあって結構オタクですよね。以前もプレイしたゲームの話の時にFateのセイバーっぽいキャラが出てきましたし。
しかもフィギュアもありましたが、その中にプリキュアとかメトロン星人っぽいフィギュアもありましたよね。うむ、長谷部よ、なかなか気が合いそうだな。
ルーシーもルーシーで美少女ゲーム見ても訳の分からないこときくあたりさすがですね。
しかしながら、職場恋愛はやっぱり大変なんだね~。←他人事。
あと、次回予告の間違い探しww。
ルーシーはもはや芸人の域ですね。身体はっているな、いろいろと。

 - 2013年アニメ