アニメ「サーバント×サービス」 第9話 感想 ※追記あり

   

アニメ「サーバント×サービス」第9話が放送されました。
今回の「サーバント×サービス」第9話はルーシーのデートの時の服装を準備したりとかでした。ラストのルーシーの反応は可愛かったですよね。
(※関連:アニメ「サーバント×サービス」 第8話 感想) 
(※追記アニメ「サーバント×サービス」 第10話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「サーバント×サービス」第9話の感想を書こうと思います。


以下感想
夏が近づき、夏コミのこと、塔子の服のこと、そしてルーシーのデートの服のことと考えることが多い千早さんはルーシーを見て昔は自分も地味だったと昔のことを思いだす。
2年前、まだ一宮さんと付き合う前に百井課長に服装が地味と指摘された際に地味ではなくTPOをわきまえていると一宮さんにフォローしてもらえたり、若いのにしっかりしていると褒めてもらえたりしたことで、一宮さんのことが好きになり付き合うことになったのだった。
そして現在、一宮さんの優しいところは好きだが、いまだに自分を過小評価しすぎるところが気に入らない千早さんは職場で暴走。
ということでまさか「サーバント×サービス」でキスシーンが描かれるとは。
まあ今回の「サーバント×サービス」第9話では千早さんが暴走してしまいましたが、千早さんは一途で、基本的に職場にバレないように気を使っていて、塔子にも気を使っていていい女ですよね。一宮さんが羨ましいです。
あと、2年前の髪を後ろで縛っている千早さん可愛いな。
そして千早さんはルーシーのデートの服装を選ぶためにデパートに行きますが、結局千早さんが自分で作ることに。さらにルーシーはコンタクトレンズを用意するように指示される。
最終的にいったいどんな服装になるのか楽しみですね。スカートをはいて恥じらうルーシーの表情もまた楽しみです。

別の日、区役所にやってきた長谷部の姉・長谷部薫とルーシー、三好さんの3人で仕事の後に食事に行くことになった。
そこで長谷部と田中譲二の幼いころから大学時代までの話を聞くことになった。
さらに長谷部薫が結婚するということを教えてもらうのだった。
長谷部にはまだ結婚のことは話していないとのことを聞いた三好さんは長谷部に伝えようとするが、伝え方が悪く長谷部はルーシーが結婚すると勘違いしてしまう。
気落ちした長谷部がルーシーに尋ねたところ、ルーシーが浮かれていたのは図書カードが当たったからであった。
そしてちょうど良いタイミングで長谷部薫からメールで結婚すると報告があったのだった。
まあ正直田中譲二に関してはどうでもいいんですが、その譲二を笑いのツボだという長谷部の姉の薫さんはさすがですね。
そして、三好さんからの報告で勘違いしてしまう長谷部は面白かったな。
百井課長の毛を無表情で抜きまくっているシーンは爆笑でした。まあ気持ちはよくわかるよ。
そしてルーシー。図書カードが当たったくらいで喜びすぎでしょww。しかも1000円分で。10000円分とかだったら私も喜ぶと思いますが…。
最後の長谷部のセリフでルーシーも長谷部のことが好きになり始めると面白いんですけど、どうですかね。動揺している様を見ると期待が持てそうですが。
あと、やっぱりルーシーが喜んでいるときや、動揺しているときのアホ毛の動きは可愛いな。
今回のEDは千早さん役の豊崎愛生さんでしたね。
ちゃんと千早さんの声で歌っているあたりやっぱり声優ってすごいですね。
ちなみに今回の「サーバント×サービス」第9話の次回予告の妖精の名前は?という問題の答えは「ポテポット」らしいです。
知るかそんなことww。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ