アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第2話 感想 ※追記あり

   

アニメ「ステラ女学院高等科C3部」第2話が放送されました。
この「ステラ女学院高等科C3部」ですが、気になる点もありますが、面白いと思いますよ、私は。
キャラクターが可愛いですしね。
(※関連:アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第1話 感想)
(※追記アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第3話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「ステラ女学院高等科C3部」第2話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
とりあえず冒頭に書いたアニメ「ステラ女学院高等科C3部」の気になる点ですが、
主人公のゆらがうじうじした性格なので、ストーリーがなかなか進行せずテンポが悪くなる可能性があり、あとサバゲーもゆらのせいでクダクダになりサバゲーが盛り上がらない可能性が出てくるという点と、
走っているシーンとかなんか作画がしょぼい感じがするので今後それがひどくならないといいなという点、
あと、サバゲーでBB弾なのでヒットしても実際はしょぼい感じだとは思いますが、アニメなのでもう少し派手にわかりやすくしてもいいのではないかと思います。
ってことで気になる点を挙げてはみましたが、
決してつまらないと思っているわけでなく、冒頭にも書いたようにキャラクターも可愛いですし私は割と面白いと思っているんですよね。
制服着てサバゲーやっているのを「ステラ女学院高等科C3部」第1話の感想でツッコみましたが、主人公のゆらが実際の戦場を妄想した時に服装がいろいろ変っている分、制服なんでしょう。きっと。
それと、霧島れんと役の声優・西崎莉麻さんの演技が棒読みだと指摘しましたが、もうなんか一周まわってくせになってきましたww。
まあ「ゆるゆり」の歳納京子には及びませんがねww。
しっかし、
大学1年の時の部活やサークルの勧誘はすごかったですし、いざ自分たちが勧誘する立場になったときはかなり気合入っていましたから、(ちなみに私は大学時代は体育会スキー部でした。)
ゆらをなんとしてもC3部に勧誘しようとする気持ちは私もわからないでもないですが、
無理やり入部届に記入させようとしたり、追っかけまわしたりしたらそりゃトラウマになるわww。新入生は右も左もわからないんだし。
あと、ゆらはC3部の勧誘から逃れてトイレで弁当食べてましたけど、
何気に便所飯を見るのってはじめてな気がしますww。
ってか実際に一人で弁当を食べているところを恥ずかしいから見られたくなくて、便所飯する人がいると聞きますが、私は食欲湧かないですし、そんなところで食べる精神力もないですね。
そんなところで食べられるような強靭な精神力があれば、教室で一人で弁当を食べているところを見られても恥ずかしいと思わないだろうし、
周りに一緒に食べようと誘うことができると思うんですけどね~。
頑張るために力を入れるところがずれているというか、力を入れるベクトルがおかしいというか。なんにせよ便所で弁当を食べる人は確実に変人ですね。
あー話が逸れましたがww、
「ステラ女学院高等科C3部」のOPを見る限りだと他校とのサバゲーもありそうで、まだまだキャラクターが出てきそうなので楽しみです。
あと、「ローゼンメイデン」第2話観ました。やっぱり斉藤さん可愛かったです。
これからどんなふうにまいた世界とまかなかった世界の桜田ジュンが絡んでいくのか楽しみです。
「帰宅部活動記録」第2話も見ました。
とりあえずドラゴンボールの戦闘力ネタが印象的でした。
「ステラ女学院高等科C3部」はキャラクターを可愛いと思うのですが、こっちの「帰宅部活動記録」のキャラクターを可愛いとはあんまり思えないんですよね~。

 - 2013年アニメ