アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第10話 感想 ※追記あり

   

アニメ「ステラ女学院高等科C3部」第10話の感想です。
ゆらは明星女学院でサバゲーをやらせてもらうことになったわけですが、今度はうまくやっていけるのでしょうか。
それにしてもEDと本編の差がすごいことになっていますねww。
(※関連:アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第9話 感想)
(※追記アニメ「ステラ女学院高等科C3部」 第11話 感想追加しました。)
ということでアニメ「ステラ女学院高等科C3部」第10話の感想を書こうと思います。


以下感想
ゆらはステラ女学院高等科には実家からの通いに変更し、明星女学院でサバゲーをやらせてもらっていた。そしてそのことはすぐにステラ女学院高等科C3部のメンバーにも知らされることとなる。本人に確認しようとするカリラだったが、そのらは放っておけとそっけない態度。
ゆらは凛とツーマンセルでの行動だったが、援護もろくに行わずスタンドプレーに走ってしまった。そのため勝利することは出来たが、次のメディック戦のゲームからは衛生兵としてチームのサポートの回されることとなる。
自分はアタッカーの方が勝利に貢献できると主張するゆらだったが、凛は前回のデータを踏まえた決定として譲らない。
ならばとゆらも自分を認めてもらうために、れんとのC3部に戻ってこないかという制止も振り切って必死に練習に励むのだった。
もうれんとだけがこの「ステラ女学院高等科C3部」の癒しですね。れんとは本当にいい子や。
ってかゆらは勝利にこだわるサバゲーを求めて明星女学院でサバゲーをやらせてもらっているのに、明星女学院でもギスギスですか。明星女学院のモブキャラ達もなんか痛ましいというか腫物を見るような目でゆらをみているし。
凛がゆらをメディック戦で衛生兵にしたのは、ゆらが凛とツーマンセルで組んでいた時のようにスタンドプレーに走ったらチームの勝利が遠ざかると判断してのことであっていますかね?
それにしてもゆらはいい感じで闇落ちしていて、本当に最後がどうなるのか気になってしょうがないですね。誰か手を差し伸べてくれる人はいるんでしょうかね?
いやまあれんとが今回の「ステラ女学院高等科C3部」第10話で差し伸べたわけですけど、ゆらはそれを振り払ってますからねぇ~。
ゆらをなんとかできそうな人物って言ったらそのらくらいしかいそうにないですが、当のそのらはそっけない態度でなんとも期待できないし。
こりゃバッドエンド確定ですかね~(ゲス顔)。
衛生兵であっても最後の5分間だけは攻撃参加可能ということで、衛生兵であるゆらも最後の5分間だけは攻撃参加していたのだが、攻撃のために突出しすぎて、さらにそれを気遣ったチームメイトが怪我をしてしまう。
敵チームまでもゲーム関係なしに駆けつけるような大怪我だったにもかかわらず、ゆらはこれを無視してゲームを続行。
そんなゆらに対して、凛は
「結局あなたは自分のことしか考えてないのよ。」
「このチームにあなたの居場所はないわ。」

と言い放ち、ゲームから抜けさせる。
ついにゆらはどこにも居場所がなくなってしまうのだった。
一方、そのらは留学の話が持ち上がっていた。
ということでゆらはやっぱり明星女学院でもうまくやっていけなかったわけですが、
サバゲーがチームプレイである以上、どうしたって裏方的なチームを支える役割だって出てくるわけで、そのことに対して不本意だと思う人だって少なからずいると思うわけですよね。でも勝利に拘るならば避けては通れないわけです。
凛は勝利に拘るゆらならばそういった自己犠牲もいとわないだろうと思ったからこそ、評価していて、ステラ女学院高等科C3部を抜けてきたゆらを明星女学院でサバゲーをやらせてあげたんだろうと思います。
でも実際はろくに指示も聞かないし、衛生兵をやらせても見当違いことを考え出す始末。
結局ゆらは勝利に拘っていたのではなくて、自分が充実しているかどうかということに拘っていたんですね。
スポーツにしても仕事にしても個人種目、個人経営ならまあ別に問題ないことなのかもしれませんが、そりゃチームプレイのサバゲーにはいらないですわ。
もう落ちるところまで落ちたって感じですね。
これは今まで対して興味なかった人たちも逆に気になり始めてきたんではないでしょうか。
まあ一応ゆらにフォローを入れると、
私は自分のことしか考えていないというのはそこまで悪いことには思えなくて、むしろやたら自己犠牲の精神が強い人の方が気持ち悪く思えるくらいです。
ってか前回の「ステラ女学院高等科C3部」第9話の感想でそのらもあくまでゆらのことだからとそこまで口出しすることは無かったんでしょうけど、さすがに冷たすぎやしないかい?
しかもなんか留学の話が進んでいるみたいだし。
はたしてハッピーエンドのルートは残っているんでしょうか。
あと、次回予告に出てきたモブキャラの大学生。ドンマイww。
本編とED、次回予告とのギャップがすごいことになっていますよね。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ