アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第6話 感想 ※追記あり

   

アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第6話が放送されました。
今回から第3章なんですが、なんか一気に難易度が上がった気がするのは気のせいでしょうか。
とりあえず現状では情報が少なすぎてわからないことだらけですね。
ってか腐川さん、くしゃみすると人格が入れ替わるってそれもろにランチさんじゃん。
ホントギリギリすぎる設定だよww。
しかしジェノサイダー翔が葵ちゃんとおなじようなムードメーカーになるとは思いもしなかったわ。
(※関連:アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第5話 感想)
(※追記アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第7話 感想追加しました。)
ということでアニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第6話の感想を書こうと思います。


以下感想
葵ちゃんのサービスシーンから始まった第6話ですが、葵ちゃんはやっぱりかわいいですね。
霧切さんもデレたら可愛いんだと思いますが、今のところは可愛いというよりかっこいいなんですよね。
ということで私は今回の事件のクロが葵ちゃんではないことを祈るのみですね。
今後ももっとサービスシーンを見たいですから。
第2章で大和田君に殺された不二咲君はファイルを解析する人工知能を構築していたんですね~。
しかも大和田君の思考まで再現することができる人工知能なんてすごすぎです。
ファイルを解析した時に見つけたもうすでに死んだ3人、桑田君、不二咲君、大和田君が移った写真も今後の何かしらの伏線になるかもしれないですね。
んで、そのパソコンは誰かに盗まれてしまうわけですが、その盗んだ人間が前回のラストでモノクマと話していた生徒なんでしょうかね?
十神も裏切り者がいると指摘していましたが、この第3章で明らかになるんですかね。
そして肝心の今回の事件ですが、全く登場していない霧切さんと葉隠は確かに怪しいですが、怪しすぎて逆にクロではないんじゃないですか。そこまでストレートではないでしょう。
なんというか私としては、むしろセレスが今までのイメージと違ってしおらしい感じであやしく感じてしまいました。
うん、なんか原作プレイヤーに鼻で笑われてそうですけどねww。
もしくは、山田と石丸の2人が殺されたことになっていますが、その2人のどちらかは死んでいなくて死んだふりをしているってこともあるんでしょうかね。
今回の事件は死体が移動したってことが謎のひとつだと思うんですが、死んだふりをしている方が苗木たちがいなくなった隙に移動して遺体を運ぶことだってできるわけだし。
う~ん、考え出すときりがないですね。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ