アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第9話 感想 ※追記あり

   

アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第9話が放送されました。
今回の「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第9話は大神さくらを殺したクロを暴く学級裁判ですね。さくらちゃんのメンバーに対する想いに不覚にも感動してしまいました。
(※関連:アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第8話 感想)
(※追記アニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」 第10話 感想追加しました。)
ということでアニメ「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第9話の感想を書こうと思います。


以下感想
殺される前に十神と葉隠、腐川を呼び出していた大神さくら。
大神さくらはただ話をするだけであったが、葉隠、腐川と立て続けに娯楽室に合ったビンで頭を殴られてしまう。
しかし、
大神さくらが死んでいた場所は椅子であり吐血していて、
中身を毒薬に入れ替えられたプロテイン容器が置かれており、
毒薬やプロテインが置かれている化学室には毒薬がまき散らされており、そのまき散らされた毒薬にはスニーカーの足跡がついていることから

十神は朝日奈葵が大神さくらを毒殺したと結論付け、朝日奈葵もそれを認める。
前回の「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第8話の感想で私は朝日奈葵が大神さくらを毒殺したんじゃないかと推理していたので、まさか推理通りになるとはと驚いたわけですが、
そんなストレートではなかったですね。
それにしても葉隠も腐川もただ話をするつもりなだけだったさくらちゃんをビンでなぐるとかひどすぎww。
まあ、腐川じゃなくてジェノサイダー翔で殺人鬼だからひどくて当たり前か。
朝日奈葵が大神さくらを殺したことに納得がいかない苗木は大神さくらが死んでいた娯楽室は密室であったことを指摘する。
さらに霧切さんが毒薬ビンのなかに苗木が割った娯楽室のドアのガラス片が入っていたこと、プロテイン容器がガラス片の上に置かれていたことを新たな証拠として提供する。
そこから苗木は今回の事件は大神さくらによる自殺であるという結論にたどり着く。
娯楽室に本来落ちていたのは大神さくらが自殺するために持ち込んだ毒薬ビンであったが、朝日奈葵はそれを自分が毒殺したものと思わせるために他のメンバーの隙を見て、毒薬を入れたプロテイン容器と差し替えたのだった。
朝日奈葵は大神さくらの遺書を読み、メンバーを道連れに心中するために自分を大神さくらを殺した犯人だと思わせようとしての行動だった。
しかし、その遺書はモノクマがテキトーに書いた遺書で、本当の遺書はメンバーの争いをなくすため自殺するということと、メンバーで協力して必ず脱出してくれということが書かれていた。
大神さくらの本当の想いを知ったメンバーは黒幕を暴き、脱出のために協力することを誓うのだった。
モノクマがテキトーに書いた遺書を読み勘違いしていたとはいえ、さくらちゃんのために心中しようとしていた葵ちゃんと、
メンバーをまとめるために自殺を選択したさくらちゃんにはちょっと感動してしまいましたね。
そしてさくらちゃんは一族の道場を人質にとられていたんですね。
それにしても自分の推理が間違っていて愕然とする十神はやっぱりかませ犬ですね。スペックとしては高いと思うんですけどね~。
なんというかドラゴンボールのベジータのような存在ってところですかね。
本物の遺書を読むモノクマは相変わらずのウザ可愛い感じでしたが、それを読んだことでメンバーが団結してしまったのは失敗でしたね。
どっちにしろ今回の学級裁判では誰も死なないことが確定していただけに本物の遺書を読まないで葵ちゃんが他のメンバーに対して怒りを持っていた方が殺し合ってくれたでしょうし。
だが葉隠、貴様は許さん!!
腐川はなんだかんだで可愛いし、面白いから許す!!
今回の「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第9話の学級裁判は誰もクロではなかったわけだが、モノクマはスペシャルゲストにお仕置きを開始する。それは前回の「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」第8話でネット接続を行ったアルターエゴで、モノクマは最初からその存在に気づいていた。
さらに苗木は霧切さんから16人目の高校生、超高校級の絶望・戦刃むくろの存在を教えられる。
ということでメンバーの団結は強まったわけですが、脱出のための重要なキーであるアルターエゴは壊されてしまいましたね。一体どうすれば脱出できるのやら。
そして16人目の高校生の戦刃むくろですが、学級裁判の席が16人分あったのは彼のためだったんですね。もしかして2階の男子トイレの用具入れの奥にある隠し部屋で後ろから苗木を襲った人物がその戦刃むくろなんですかね?
ってか霧切さんはどうやって戦刃むくろの存在を調べたんだろう?
まあなんにせよ葵ちゃんがお仕置きで死ぬようなことにならなくてよかったです。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ