アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第8話 感想

   

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期の第8話が放送されました。
いや今回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第8話も黒猫が可愛かったわけですが、
さすがに神猫の恰好はさすがに…。
やっぱりマスケラのコスプレが一番しっくりきますね、黒猫は。
(※関連:アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第7話 感想)
ということで
アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第8話の簡単なあらすじと感想を書きたいと思います。


  ==============================
以下あらすじ。
黒猫がノート「DESTINY RECORD」に書いたように
2人で外に出歩いたり、
お互いの家に招待したりとデートをする京介と黒猫。
黒猫が張り切りすぎてすごい恰好でデートに来たり
黒猫の妹2人と鉢合わせするというハプニングもあったが、
京介と黒猫はお互いのことをより深く知っていく。
そして京介と黒猫は夏休みの終わりに2人で花火大会にデートに行く。
「一生忘れられない思い出ができた。」
という京介に対して黒猫はおもむろにノート「DESTINY RECORD」を取り出す。
そこには
先輩と別れる
と書かれているのだった。
  ==============================
以下感想。
まあ冒頭にも書いたように黒猫が可愛かったわけですが、
実は今回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第8話は桐乃も可愛かったんじゃないかと
私は思うわけですよ。
あらすじには書かずに省略しましたが、
桐乃が物語の冒頭で京介と桐乃で撮ったプリクラが冷蔵庫に貼られているのに気づいた時の反応や
顔面を怪我した京介に手当てしてあげたり、
京介の部屋での黒猫との会話でしょんぼりしたりと
いままでになく桐乃がしおらしくなっていてかわええやんと思いました。
京介が桐乃に小馬鹿にされたり、蔑まれたりしているところより
京介がシスコンだと開き直って、プリクラの写真をネタに桐乃をいじっているところの方が好きってことですからやっぱり私はドSなんでしょうね。
ってか京介はなんで顔面怪我してたんですか?これはなんかの伏線になるんですか?
んで最後のシーンですが、
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」第7話で京介が黒猫と付き合うことになって
第9話でもう別れてしまうんですか。
話の展開が早いっすね。
まあいつまでも京介と黒猫がカップルのままだと話が進まないってことですかね。
なんにせよ次回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」はサブタイトルも「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」ですから、クライマックス感がハンパないことになってます。
というわけで次回の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」も見逃せませんね。

 - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない