アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第13話 感想 ※追記あり

   

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話が放送されました。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期のテレビ放送分のラストになりますね。
OPの時の京介と桐乃の並んで歩くシーンの季節が冬になっており、二人の距離が近くなっており、そこからもクライマックスが近づいているのを感じさせますね。
(※関連:アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第12話 感想)
(※追記アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第14話、第15話、第16話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
今回の 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話は桐乃の過去回想だったわけですが、
なんで桐乃はあんなにツンツンしていて、京介と口を聞かなかったのか。
なんで麻奈実とあんなに仲が悪いのか。

ということがよくわかるいい回でした。
それにしても京介が小さい頃は足が速くて、勉強もできて今とは逆に麻奈実に勉強を教えていたとは…。
京介が平凡な人生がいいという考えになったとはいえ、いきなり家でグダグタしだしたり、勉強も今まで教えていた相手に教えられるようになったらそりゃ桐乃だって幻滅しますわ。
そして私の中で今回の 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話でもっとも衝撃的だったのが、
Aパートのラストの麻奈実の
「ダーメ」
というセリフだったのですが、
なんというか構図として、
京介と桐乃の禁断の愛の前に立ちはだかるラスボスというような構図になってますよね。
麻奈実がこれまで出番が少なかったのはラスボスとして立ちはだかるために力を蓄えていたからかのか!
とすら思えてしまいます。
まあ、 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話を見て、麻奈実ってなんて腹黒と思っている人もいるでしょうから一応麻奈実のフォローをすると、
麻奈実も京介と桐乃のことを思っての言動だったわけで、麻奈実が京介を独占しようとしてのことではないと思います。
事実、黒猫から告白された京介の背中を押しているわけですし、
ゲームの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 ポータブル」ではあやせルートであやせと京介が付き合っていることが桐乃や黒猫にバレたときも庇っているので。
ですので、すすんで嫌な役をかってでていると言った方が正しいのかと思います。
さて、次回の 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第14話からは14話、15話、16話とネットでの一挙配信となります。
これに関しては以前の記事「アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期最終エピソードの第14話~第16話 公開日決定」で書いてあるので見てみてくださいね。
今回の 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第13話ラストで桐乃が持ちかけた人生相談の内容とはなんなんでしょうね。
ネット配信までおよそ1カ月半待たなければならないのがツラいところです。

 - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない