アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 2期第14話、第15話、第16話 感想

   

アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の2期第14話、第15話、第16話がネット配信されましたね。
私はネット配信された日曜日は見れなかったんですが、後日ニコニコ動画で配信されていたので見ることができました。いやー便利な時代になったものです。
(※関連:アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 第13話 感想)
ということで感想を書くのが遅くなってしまいましたが、アニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第14話、第15話、第16話の感想を書こうと思います。


以下感想
・第14話

あやせからの告白を断った京介は黒猫と対峙。黒猫に対しても好きなやつがいるから付き合えないと断る。
その後桐乃をクリスマスデートに誘い、そこで京介は桐乃へ告白し見事オーケーをもらう。
あらすじを書いてみると意外とあっさりとしていますね。
まあ第14話の前半にいきなり黒猫がフラれてしまい、あとは桐乃エンドへまっしぐらとなったのには多少ビックリしましたが。
京介が黒猫のことをやっと瑠璃と呼ぶようになったり、黒猫の妹で事情を理解できる日向ちゃんとまだ理解できない珠希ちゃんの会話などなかなかに胸に来るものがありました。
しかし反対に京介の桐乃への告白は、
あんな人が行きかうなかで沙織や黒猫に大音量で妹が好きでたまらないというセリフを流されたり、京介や桐乃も周りのこととか関係なしにお互いの心情を叫んでいてなかなか見るに堪えないものでした。
まあらしいといえばらしくて面白かったんですけどね。
しかしながら、大音量で流された京介の妹好きを告白するセリフは黒猫が録音していたってことですよね?
自分がオーケーもらった時、録音しておけば記念になるだろうから録音していたんでしょうけど、それをあんな形で利用するとは恐ろしや。
まあ好きな相手(京介)に妹が好きだからお前とは付き合えないとか言われて断られたらあんなこともしたくなるかな。
・第15話
付き合うことになった京介と桐乃。
それを手伝ってくれた黒猫と沙織にもそのことを報告する2人。
また京介は加奈子のライブに呼び出され加奈子から告白されるもそれを断る。
そして、桐乃と付き合うことになった京介は、桐乃からオタクグッズを隠しておいた押入れの中にある「未来のあたしへ」というボイスメッセージを聞かせてもらう。
桐乃と京介が付き合うことになっても沙織と黒猫との付き合いがというか主に黒猫との付き合いが変わらずで安心しました。
まあ黒猫にとっては桐乃も大事な友達ですからね。
それにしても黒猫が「中二病での恋がしたい!」にハマっているのは笑ってしまった。眼帯して桐乃と戦っているしww
加奈子の告白はある意味京介の桐乃への告白よりシチュエーション的にヤバい状況でしたよね。
なんというか加奈子のファンの暴動が起きてもおかしくないような状況だったような。

そんな中断る京介。さすがに揺るぎ無いですね。
最後の桐乃のボイスメッセージを桐乃と京介で聞いて、「まかせろ!」って言うシーンはよかったですね。
・第16話(最終話)
季節は廻って卒業式。
瀬菜は京介や桐乃の兄妹とは違う結論をだし、ゲーム研究会の真壁と付き合うことに。
そして、麻奈実とのラスボス戦。
見事麻奈実とのラスボス戦?を乗り越えた京介と桐乃は結婚式を挙げ、普通の兄妹に戻る。
実はクリスマスから卒業まで期間限定の恋人として付き合い、そのあと普通の兄妹に戻るという約束をしていた。
真壁は巨乳フェチだったんですね。それにしても御鏡に対して巨乳の素晴らしさを叫ぶ真壁は素晴らしかった。なんでもっとそれを最初から出さなかったし。
そして麻奈実とのラスボス戦ですが、もう「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」のOPのアニメーションからして麻奈実のラスボスっぷりがハンパないことになっています。
麻奈実の腹パンはネタとしてネットにあがっていたので、知っていたのですが、確かにあれは腹パンしたくなるくらい桐乃がウザいですよね。
あと、その後の麻奈実の
「私の傍にいてくれる?」
というセリフはせつなかったな。あんなセリフを聞いても桐乃を選ぶ京介はさすがとしか言いようがないわけですが。
というか京介と桐乃は卒業までの期間限定の恋人なら、京介は麻奈実にしろ加奈子にしろ黒猫にしろあやせにしろキープしておくことだってできたわけですよ。
そういう打算をせずに断るあたり京介はさすがとしか言いようがないですわ。

そして、疑似とはいえ結婚式のあげられる京介のコネハンパねぇー。まあほとんど沙織のコネなんでしょうけどね。
ということで「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」は原作小説通り桐乃エンドで終わりましたね。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」2期第12話であやせがストーカー被害に遭っているようなフラグがたっていましたが、結局そのフラグは回収されませんでした。
そのフラグがきちんと回収されることがあれば原作小説とは結末を変えて、アニメの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」はあやせエンドになるかもしれないと少し期待していたのですが。
これOVA化とかして、各ヒロインエンドで作れってくれねえかな。無理か。
まあそういうのはゲームが出ているからそれで補完してくださいってことになるんでしょう。
ちなみに私は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ポータブル」はやりました。今も家にありますよ。あやせルートと加奈子ルートはすごい面白かったです。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ポータブルが続くわけがない。」もやりたくなりますね。
今度出る予定の「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。ハッピーエンド」はPS3を持ってないからな~。
なんにせよ、こういうアニメってなかなかきちんと主人公が結論を出して終わらせることって難しいと思うわけですが、京介はすっぱりと桐乃以外は振ってくれてきちんと結論を出してくれたのは評価したいですね。
もちろん私はあやせエンドで終わらなくて残念に思う気持ちだってあるわけですし、お気に入りのキャラが京介と結ばれなくて残念に思う人がいるわけですが、まあそれはそれです。
ということでアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の感想はこれで以上になります。
またゲームとか買ってプレイしたら感想を書くかもしれません。
今までアニメ「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」の感想を読んでくださった方ありがとうございました。

 - 俺の妹がこんなに可愛いわけがない