アニメ「神様のいない日曜日」 第7話 感想 ※追記あり

   

アニメ「神様のいない日曜日」第7話が放送されました。
唐突に学園物が始まりましたが、やっぱり「神様のいない日曜日」は章の初めはわけがわからないところからスタートしますよね。
(※関連:アニメ「神様のいない日曜日」 第6話 感想)
(※追記アニメ「神様のいない日曜日」 第8話 感想追加しました。)
ということでアニメ「神様のいない日曜日」第7話の感想を書こうと思います。


以下感想
アイがユリーさんから学校に行くことを勧められるところから始まる「神様のいない日曜日」第7話ですが、小学校はもうすでになく、中学校も今年でなくなり、高校もあと3年でなくなると。
この世界でも小中高と進学していく学校制度だということにまず驚きましたが、学校が無くなるというのも子供が生まれなくなったんですから消えるしかないわけですよね。
んで、ユリーが車を離れている隙にアイはゴーラ学園に拉致られていきます。
あのシーン拉致られるのはアイだけでしたが、スカーに抱かれて寝ていたセリカも拉致られてもおかしくなかったんじゃないか?
ゴーラ学園は生徒を集めて、政府から寄付金を貰っており、しかも集めている生徒は異能者ばかり。しかも一度収容されたら最後二度と学園から出ることは出来ない。
ということでいろいろな異能を持った子供たちが登場しましたが、これは一人ひとりのキャラを掘り下げていくような尺はないでしょうね。
ってか今のところアニメの「神様のいない日曜日」で登場した異能を持っているキャラって子供だけでしたよね。
これは子供しか異能を持てないってことなんでしょうか?
それとも登場していないだけで大人でも異能を持っている者もいるのか?アニメの「神様のいない日曜日」ではまだ登場していないだけで原作小説の方には登場したとか。
やっぱりこの異能を持つ者もこの人が死なない世界と関係があるのでしょうかね。
そして、アリスはゴーラ学園からの脱出をたくらんでいるとのことで、アイも脱出を考えているでしょうから、協力して脱出することになるんでしょう。
そのゴーラ学園からの脱出を計画する中でアイはどんな問題に直面することになるんでしょうね。
あと、西方の魔女と呼ばれるディーの存在も今のところ謎すぎてわけが分かりません。
まあ今まで通り黙って見ていればいずれわかるんでしょうけど。
ところで、このゴーラ学園の章も今まで通りなら3話で完結させるんでしょうけど、OPもEDもこのゴーラ学園の章までのキャラクターしか出てこないんですよね。
このゴーラ学園だけは3話で完結させないで最終話まで使うのか。そもそもまだ原作小説も連載中でしょうからどういった形で終わらせるのだろうか?
アニメ製作スタッフのセンスが問われるところですね。
今回の入浴シーンに関しては結構残念でしたけどね。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ