アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第2話 感想 ※追記あり

   

アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第2話が放送されました。
このアニメやっぱり面白いですね。夜中にもかかわらず爆笑してしまいました。
今回の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第2話はもこっちの中学時代の友人であるゆうちゃんが登場するわけですが、ゆうちゃんがどうなっているかは公式サイトでネタバレしているので、ある程度の展開は予想できるわけですが、その私の予想を1歩も2歩も上回っていましたww。
(※関連:アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第1話 感想)
(※追記アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第3話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第2話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
ストーリー冒頭からヤンデレ彼氏のCDを聞いてぶっとばしているもこっちですが、ゆうちゃんから連絡があり、週末に会うことになります。
ちなみにもこっちの部屋にはってある男性のポスターですが、実際にある女性向けのアニメやらゲームのものらしいですね。製作スタッフ仕事が細かいですね。
んで、ゆうちゃんと週末会うことになったもこっちはそれまでに話す話題を作ろうとするわけですが、早速朝食を食べ過ぎて路上で吐くことになったり、早弁したり、野球部員と女子マネージャーとの会話に卑猥なアテレコをしたりと面白すぎますww。
ってか私は高校時代、休み時間に早弁している男子を見たことはありますが、女子を見たことはありませんでした。
女子はさすがにやらないでしょww。
野球部のマネージャーはモブキャラでしたが、普通に可愛かったな。
歩道橋でイチャついているカップルは普通にありますね。
そして第3者として見ていると爆破したくなりますよね。かなり共感できました。
そして、その女の子のスカートをのぞこうとするもこっちww。
お前は男か!!
ゆうちゃんと会ってカフェで注文するときもゆうちゃんの髪のにおいを嗅いでるしww。
ゆうちゃんに会ってからもこっちがモブキャラと同化してしまう演出もいいですね。
もこっちは喪女で高校ではぼっちなわけですけど、
孤独感を感じて周りに対して毒を吐きたくなる時って誰だってあると思うんですよ。だからすごい共感できるときがあるんですけど、それ私だけですかね?私だけではないと思いたいですが…。
そして、そのもこっちの毒を吐くセリフをもこっち役の声優さん、橘田いずみさんがすごいうまく演じていると思います。
まあ演技がうまいので、喪女であるはずのもこっちを可愛いと思ってしまうのが難点といえば難点ですが。
そして冒頭にも書いたようにオチが2つも用意されてましたね。
1つはゆうちゃんと会ってその別れ際、お互い友人であることを確認できたいい話だと思いきや、ゆうちゃんに彼氏が出来ていたということ。
あの一気に覚めていくもこっちは可哀想すぎる。
そして2つ目は美術の授業で可愛く描いてもらったと思っていた自分の似顔絵はモブキャラと同じだったっていうね。
しかもあのメガネでデブの初芝というキャラは杉田さんが演じているしww。
ってことはまたどこかで登場してくれますかね。
あと、エンディングが「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第1話と違いましたが、これは毎話エンディングが変わる感じですかね。
それとも今回だけ特別なのかな。
第1話のエンディングが結構頭に残っていて好きなので、また聞きたいです。

 - 2013年アニメ