アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第9話 感想 ※追記あり

   

アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話の感想です。
今回の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話で夏休み回ラストでした。結局最後までぼっちらしい夏休みでしたね。
ところで私は夏休み終わり間際は宿題に追われていたわけですが、もこっちは大丈夫なのだろうか?特に宿題をやっている描写はなかったわけだが…。
(※関連:アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第8話 感想)
(※追記アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第10話 感想追加しました。)
ということでアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話の感想を書こうと思います。


以下感想
夏休みはほとんど予定のないもこっちだったが、ゆうちゃんと映画鑑賞の約束はしていた。
しかしその約束もゆうちゃんのドタキャンによってつぶれることになる。唯一の友達に愛想つかされたと落胆するもこっちだったが、どうやらそうではなく、ゆうちゃんは叔父さんのケーキ店の手伝いをすることになってしまい、そのため映画を見に行くことができなくなったとのこと。
そのケーキ店に誘われ、食事に行くことになったもこっち。
場違いな店に困惑するもこっち。
そしてもこっちはゆうちゃんみたくおしゃれな職場に身を置けば自分もゆうちゃんのように変われると考え、母親にお願いしてアルバイトをするためにケーキを作っている知り合いがいないか尋ねてみるのだった。
ケーキ店でのアルバイトができるということで素敵な出会いを妄想するもこっちだったが、紹介された実際のアルバイトはケーキ製造工場での流れ作業だった。
結局そのアルバイトは1日で断念。
ということでゆうちゃんのメイド服きましたわ。テコ入れですね、わかります。
とまあそれは冗談として、ここのところゆうちゃんのようなおっぱいキャラが登場していませんでしたから、久しぶりの登場で私の心が癒されました。
しかしながら、今回の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話に登場したケーキ店のようなおしゃれな店で出されているケーキとコンビニで販売されている2個入りのケーキの味の違いが私にはわかりませんので、私にとっては無縁の店ですね。
ってかあーいうおしゃれな店や喫茶店って客の回転率が悪いでしょうから、それもあって商品単価を高くして利益を得ているんでしょうね、とか思ったり。
回転率といえば、今回の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話でもこっちがアルバイトすることになったケーキの製造工場で、回転率やら新装開店やらのリアルな話をしていましたね。
まあちょっと見下すような言い方になってしまいますが、工場での作業員ってあの手の低俗なことが話題になることが多いですよね。
まあそんなもんにハマっているからお金がなくてアルバイトしているんでしょうが…。
大学時代、私はスキー部だったんですが、スキーってマテリアルやら冬のスキーシーズンの合宿やら大会やらでやたらお金がかかるんですよね。
んで、当時スキー部の後輩が日雇いで今回もこっちが働いたような、とあるパン製造工場での流れ作業のアルバイトを経験したそうですが、想像を絶するほど疲れて(肉体的にではなく、精神的に)、1日で断念したそうです。
なんかずっと同じことをやっているので、時間が経過するのがすごく遅く感じるそうですww。
ということですので、今回の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第9話でもこっちがたった1日でアルバイトを断念したことに対して、情けないという感想より、災難だったねという感想の方が強いです。
それにしてもケーキ店でのアルバイトをもこっちが妄想するシーンの橘田いずみさんの演技はすごいなww。
ってかゆうちゃんが手伝っている店で一緒にアルバイトさせてもらえばよかったのに。
アルバイトを1日で断念していつものように家に引きこもっているもこっちは母親に家の掃除をお願いされる。
文句を言うもこっちだったが、母親に智貴はしっかりしているんだからと叱られ、せめて自分の物の整理だけはやりなさいと言われる。
整理している物の中に姉であるもこっちのことを書いた智貴の当時の作文などを見つける。
智貴に対してすこし罪悪感を感じたもこっち。
智貴の部屋に行くが当の本人ははくちょう座流星群を見に天文台に行っているとのこと。
もこっちも公園のベンチでオスの猫と一緒に流星群を見て高校1年の夏を締めくくるのだった。
インベーダーゲームやら、北斗の拳やら、けいおんやら私が知っているパロネタがいろいろ詰め込まれていましたが、
それよりも気になったのは小学生のころまでは智貴にとってもこっちはいい姉だったんですね。
つまりあのまま成長していたらもこっちもリア充だったかもしれないってことですよね。一体もこっちの過去に何があったのか。私、気になります!
まあ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」のアニメの方はそういった過去は語られることがなくひたすらもこっちの喪女っぷりがラストまで描かれそうですけどねぇ~ww。
ということでまた次回。

 - 2013年アニメ