アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第1話 感想 ※追記あり

   

アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第1話が放送されました。
普通に面白かったです。
ただ、私は男ですが、なんか他人事に思えなかったのが、このアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の恐ろしいところかもしれないです。
(※関連アニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」 第2話 感想追加しました。)
というわけでアニメ「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第1話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
このアニメ、「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」全体的にセンスがいい感じがします。←なんか偉そうな書き方だな。
OPとEDも良く、
OPを最初見たときは全然作品のイメージとあっていないと思いましたが、あれはもこっちの中二病っぽさをイメージしたOPなんですね。
んで、EDはもこっちの自虐っぽさがあって良かったです。
EDも歌っている、もこっちを演じている声優の橘田いずみさんが、私としてはキャラと声がマッチしていて良かったです。
リア充たちに毒を吐いたり、一人妄想に耽ったりといったセリフに感情がこもっていてついつい笑ってしまうんですよね。

そして、中村悠一さんは今度は兄ではなく弟役ですか。でも弟になっても女性から相談を受ける役なのねww。
しかももこっちの中学時代の友達のゆうちゃんは花澤香菜さんだしww。
そういえば、高校になって最初の頃って確かに周りに誰も知っている人がいないともこっちのように一人で弁当を食べることになるんですよね~。
私も最初の一週間くらいは一人で食べていたので、妙に懐かしかったです。
んで、高校は部活で忙しかったので、みんなでカラオケやファミレスで勉強会なんかもあんまり経験がないですね。
まあ私のことはどうでもいいとして。
自分が孤独感を感じている時に周りに毒づいたり、店の異性の店員との些細な会話でテンションが上がったりと「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」は私含むオタクの方々には割とあるあるな内容だったのではないでしょうか。
ところで、もこっちは「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の原作の漫画だともっとキモい感じらしいですが、今回のアニメだとそこまでキモいとは思いませんでした。
っていうかキモ可愛かったですww。
まあさすがにアヒル口はなしですがww。
特にメガネをかけるとクマも消えていい感じだと思います。
んで、あのもこっちのクマですが、もこっちは不摂生とストレスによるクマと「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」第1話で言っていましたが、弟もかなりクマが酷いわけで、生まれついてのものな気がします。
母親はクマとかなかったですから、父親がクマが酷くてもこっちと弟はその遺伝とかかな。
まあなんにせよ次回はもこっちの中学時代の友達であるゆうちゃんが登場するので楽しみです。

 - 2013年アニメ