アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」 第11話 感想

   

アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」第11話が放送されました。
アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」も次回で最終回です。
1期の時と同じように今回の第11話とセットなのかと思いましたが、そんなことはなかったですね。
(※関連:アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」 第10話 感想)
ということでアニメ「這いよれ!ニャル子さんW」第11話の感想を書きたいと思います。


以下感想。
そういえば、このアニメ「這いよれ!ニャル子さんW」のストーリーの進展といえば、
クー音が登場して、真尋とクー子の仲が進展したくらいで、他に特に進展していないですよねww。
まあ次々と繰り出されるパロディネタを楽しむというのがこのアニメ「這いよれ!ニャル子さんW」の楽しみ方といっても過言ではないので、ストーリーなんて二の次なんでしょう。
製作スタッフもパロディとして採用するネタがアウトなのかセーフなのかというギリギリ感を楽しんでいるじゃないかとさえ思えてしまいますわww。
ただ、真尋とクー子の仲が進展したおかげでクー子の可愛さを「這いよれ!ニャル子さんW」になって発見できたんですよね~。
もうアニメ「這いよれ!ニャル子さんW」を見ている時は基本的にクー子しか見てないですもん、私。
ニャル子が真尋に一生懸命アピールして空回りしているところ、クー子に真尋を奪われるっていう流れを楽しんでいます。
今回のストーリーに関して何も書いていないっていうねww。
でも書こうと思っても特にストーリーがないから書けないです。
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」みたいにどのヒロインを選ぶか結論が出ているハーレムアニメならストーリーがあるのですが、「這いよれ!ニャル子さんW」はまだ原作小説の方が完結していないのでやっぱり2期をやっても惰性でアニメが進行しているような感じてイマイチになってしまいますよね。
そう考えると「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」はやっぱりよく考えられているんですね~。
さて、7月からの夏アニメは何を観ようかね。

 - 這いよれ!ニャル子さんW