アニメ「進撃の巨人」 第18話 感想 ※追記あり

   

アニメ「進撃の巨人」第18話が放送されました。
女型の巨人の無双っぷりがアニメだとより一層迫力があってすごいんですが、どうやら残念なことにアニメ「進撃の巨人」はこの女型の巨人で終了になりそうですね。
(※関連:アニメ「進撃の巨人」 第17話 感想)
(※追記アニメ「進撃の巨人」 第19話 感想追加しました。)
ということでアニメ「進撃の巨人」第18話の感想を書こうと思います。


以下感想
女型の巨人によって右翼側が壊滅的な打撃を受けた調査兵団だが、撤退はせず巨大樹の森に侵入、エレンのいる後列中央のリヴァイ班も巨大樹の森に侵入。
エレンが目的の女型の巨人を巨大樹の森に誘い込むことに成功、リヴァイ班はついに女型の巨人と遭遇する。
「進撃の巨人」第18話はそんなところですね。
女型の巨人は本当に強いですね。精鋭ぞろいに調査兵団の兵士たちですら、相手にしない強さですから。周りに建物や木がどの程度あるかで立体機動をどのくらい活かせるかが変わってきますから、市街地とかでの戦闘とかになったらまた結果も変わってくるのかもしれませんがね。
まあ女型の巨人の身のこなしがすごいことに変わりはありませんが。
1体1での巨人での戦闘だったら巨人化したエレンより強いんじゃないかと。
だって、女型の巨人になっている人間がねぇ、体術が得意なあいつだからねぇ。
ってかもうアニメ組も女型の巨人になっているのが誰かおおよそ検討はついているんじゃないかと思いますけど。
それにしてもクリスタは本当に可愛いなあ。
ジャンが打った煙弾に反応して助けに来てくれたわけですけど、巨人がいて自分が危険にさらされることだってあるわけですしね。

まあクリスタの危険を顧みない、自分を犠牲にした行動をとるのにも理由があるわけですけどね。
しかし、クリスタの声を聞くとどうしても「ゆるゆり」のあかりを真っ先に思い出してしまうww。
んで、リヴァイ班ですが兵士の表情を見てもわかるように、リヴァイ兵長意外巨大樹の森に侵入した意味を理解していないんですよね~。
トロスト区攻防戦で捕獲した巨人、ソニーとビーンが殺された時にエルヴィン団長がエレンに
「敵は誰だと思う?」
と問いかけたわけですが、その問いに答えられた者しか今回のエルヴィン団長の意図を理解していないんですよね。
そんな中うすうすとエルヴィン団長の意図を気付き始めるアルミンはやっぱり頭脳明晰ですね。
次回は壁外調査前に行ったエレンの巨人化の実験です。つまりリヴァイ班の回想回になります。
ということでまた次回。

 - 進撃の巨人