アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第5話 感想 ※追記あり

   

アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第5話が放送されました。
いや、まさか凛とルヴィアがまた魔法少女になるとは思わなかったので、予想もしない展開に熱くなりました。
でも、今回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第5話は全体的にテンポが悪くて作画も枚数が少ない感じがしましたね。前回がよかったから仕方がないとは思いますが。
(※関連:アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第4話 感想)
(※追記アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第6話 感想追加しました。)
ということでアニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第5話の感想を書こうと思います。


以下感想
今回はセイバーオルタ戦だったわけですが、
イリヤが凛とリヴィアを助けに行こうとする時に2人の名前を叫ぶわけですが、いまだにイリヤが凛をさん付けで呼ぶことに違和感を感じてしまいますね。
Fate/stay nightとイリヤのキャラクター設定がどこまで違うのかはこれから「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」を見ていかないとわかりませんがね。
そしてセイバーの魔力に物を言わせた圧倒的な強さ。
セイバーが味方だと魔力の大食らいのせいで魔力不足になり、実力を発揮することができないことが多いわけですが、
敵になると、大抵魔力供給が無限に可能になっていて圧倒的な魔力と対魔力でめちゃくちゃ強敵になっているんですよね~。

味方だとたいして役に立たず、敵になると強力になるなんてまるでガンダムのシャアみたいなやつだな。
んで、今回クラスカードの話がちょろっと出てきたわけですが、同じカードを連続して使用することは出来ず、
ライダーは単体では意味をなさず、アーチャーも役に立たない。
キャスターはどんな効果なのかはまだわかりませんが、今のところ実質使えるのってランサーのカードだけですよね?
最終的には他のクラスカードも使用できるようになるんだろうか?
アーチャーのクラスカードの場合は剣を投影する必要があるんでしょうけど、士郎が剣を投影するなんてことも後々あるんだろうか。
いやその前に士郎は魔術を扱える設定なんだろうか。
今回はセイバーとはイリヤと美遊では太刀打ちできないということで凛とルヴィアが魔法少女になったわけですが、ルビーもサファイヤもすっごい嫌そうでしたね~。
しかし凛とルヴィアだと耳と尻尾がつくんですね。
凛が猫でルヴィアが狐ですか…。
うむ、ルヴィアの狐耳に尻尾も悪くないですが、やっぱりキャス狐には適いませんな。
あと、凛は魔術師だけど、やっぱり接近戦で泥臭く戦っている方が似合っていますよね。
凛がセイバーと接近戦で時間稼ぎをしている間にルヴィアが砲撃のチャージを終了させたところで今回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第5話は終了なわけですが、これってもろにセイバーがエクスカリバーを使用するフラグですよね。
なんだかんだですんなりと決着がつきそうにはありませんな。
ということでまた次回。

 - TYPE-MOON