アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第8話 感想 ※追記あり

   

アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第8話が放送されました。
今回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第8話はバトルなしでしたね。ですのでそこまで盛り上がる回ではありませんでしたが、私個人的にはリズが登場してセリフもあったのでかなりうれしい回でした。
(※関連:アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第7話 感想)
(※追記アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」 第9話 感想追加しました。)
ということでアニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第8話の感想を書こうと思います。


以下感想
セラが体調を心配するが、イリヤは学校へ登校する。
前回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第7話のアサシン戦で美遊に一緒に戦いたくないと言われてからイリヤは美遊と気まずい感じで話しかけられないでいた。
美遊もイリヤとは距離を置いていて仲直りする雰囲気ではない。
学校の図工の授業でグループでの作業も頑なにイリヤと一緒にやりたがらず一人でやろうとする。
そんなイリヤと美遊の重い空気とか関係なしにイリヤの友達の美々、雀花、那奈亀、龍子の4人やセラ、リズ、士郎の3人は騒がしい日常を送っている。
美々はイリヤと美遊の間の険悪な雰囲気から喧嘩でもしたのかと察するわけですが、
これって、前回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第7話の前半のイリヤが裸でメイド服の未遊に襲い掛かった件で喧嘩しているんじゃないかと勘違いしそうですよねww。
それにしてもイリヤの友達4人はキャラが濃いですな。
2期のツヴァイからはもっと話に絡んでくるとのことらしいですが、今回のアニメでは1期までしかやらないでしょうからもったいないですね。
そして、今回の「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」第8話で一番うれしかったのはリズがセリフありで登場したことです。リズ可愛いな~。
上目づかいでセラと会話するリズが最高でした。
もちろんイリヤのことで考えをめぐらせ焦ったり、リズに腹を立てるセラも可愛かったです。

「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」ではセラとリズは可愛くなっているのが個人的に一番うれしい収穫です。
ところでセラとリズって「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の世界でもホムンクルスって設定なんでしょうかね?
でもイリヤは普通の小学生だと自分で言っていましたので、セラとリズも普通の人間なんでしょうかね。それともセラとリズがホムンクルスだという正体をイリヤに隠しているんでしょうかね。
イリヤは凛に会い、最初は興味本位でクラスカードの回収に協力していたが、魔法少女とはいえやはり生死のやり取りをしなければならないことは事実でもう戦えないということを話す。
凛もこうなることを予期しており、あっさりと承諾する。
しかしルビーは凛のマスターには戻らず、イリヤのマスターでいることを選んだ。
これにて最後のクラスカード・バーサーカーの回収は凛、ルヴィア、美遊の3人とサファイヤで行うことになった。
戦いをやめるといったイリヤを攻めることなく、これまでの働きを労い、感謝する凛はやっぱりいい女ですわ。
ルビーとしてはイリヤが美遊と仲直りしたい強く思えばまた魔法少女として戦いに戻るんじゃないかと思って契約を解除しなかったんでしょうかね。
いやただ単にイリヤをマスターとして気に入っていて、凛のところに戻りたくないだけか。
しかしながら、最後の相手はあのバーサーカーですよ。
まあ絶対的に戦力不足ですよね。ってかイリヤがいてもギリギリの戦いになりそうですね。
ということでイリヤはどのようにして立ち直るのか。
ということでまた次回。

 - TYPE-MOON