アニメ「Free!」 第11話 感想 ※追記あり

   

アニメ「Free!」第11話の感想です。
今回の「Free!」第11話は凛と怜の会話から始まり、凛と怜の会話で終わる回だと思っていたらCパートでまさかの展開。最後までどうなるかわかりませんね。
(※関連:アニメ「Free!」 第10話 感想)
(※追記アニメ「Free!」 第12話・最終回 感想追加しました。)
ということでアニメ「Free!」第11話の感想を書こうと思います。


以下感想
凛に聞きたいことがあり鮫柄学園に乗り込んだ怜。
怜は凛になぜ急にメドレーリレーに出ることになったのか、
遥のことをどう思っているのかを質問します。
陸上部だったが遥に泳ぎに魅せられて水泳を始めその楽しさをわかるようになったこと、みんなから聞く小学生のころの凛は水泳を楽しんでいたのもかかわらず、今ではなんで変わってしまったのか。
怜は凛に問いただしますが、凛は関係ない怜に痛いところを突かれ怒ります。しかし怜も引き下がりません。
どうすれば満足なんだよと怜が迫りますが凛には答えられません。怜は自分は最高にチームで一緒に泳ぎたいだけだと言い残し去っていきます。
「あんたはいったい何がしたい!」
「何をどうすれば満足なんだよ!」

とまあまるでキラ・ヤマトに詰め寄るシン・アスカのごとく視聴者が凛に対して感じていたことを話してくれました。
自分の気持ちに素直に向き合える怜と、自分の気持ちに素直に向き合うどころか自分でもどうしたいのかよくわかっていないのかもしれない凛。

こういう時は正直者が強いですね。別に勝ち負けではないですけど。
初心者だった怜が練習や試合で足を引っ張ってしまうことがあってもそれでもみんなと一緒に泳ぎたいと思っていることを素直に話していて、怜の成長が見れるシーンでしたね。
怜が練習を休んだことを心配してお見舞いに訪れた遥たち。今はこの4人がチームだとお互い確認します。
一方凛は泳ぎが乱れるほど心理的に動揺していました。
そして地方大会の前日、選手は現地入りしホテルで宿泊することになります。遥たち4人は笹部コーチ、天方先生、江と江のクラスメイトに送り出されます。
凛がオーストラリア留学中に何かあったのは明明白白なわけですが、そのことは鮫柄学園の水泳部の御子柴
部長も知っていました。おそらく水泳でいい結果が出せないことによる挫折だと思いますが…。
遥たち4人を送り出すときに天方先生の言葉、ユリウス・カエサルの賽は投げられたという名言ですね。もう後戻りはできないということを言いたかったわけだと思いますが、回りくどいよww。
ホテルでの宿泊。
遥と真琴は緊張してなかなか寝付けないでいました。遥は真琴にこれまでのことの感謝を述べ、寝付けないことと照れ隠しのためジョギングに出かけます。
そこで怜を探す渚と会い公園のブランコで語らうことに。ここでも遥は渚に水泳部を作ろうと言い出してくれたことに感謝を述べます。
怜はどこに行っていたかというと、江から怜の連絡先を聞き出した凛に呼び出されていました。そして凛はこの前の怜の質問に答えます。
凛はやはりオーストラリアに水泳留学した時に良い結果が出せておらず、挫折していました。そしてそれは遥たちとのメドレーリレーに拘っていたからだと思うようになってしまっていました。
だから日本に戻ってきても誰にも連絡しなかったとのこと。
しかしあの夜、遥と泳いで(「Free!」第2話)吹っ切れた凛はまた水泳をやろうと思うようになったのでした。
そして県大会で遥たちのメドレーリレーを見て一緒に泳ぐ楽しさを思い出したのでした。

そんな凛に対して御子柴部長は凛はリレーのメンバーを見ていない、ベストコンディションではないということでリレーのメンバーから外すことを告げるのであった。
遥が真琴や渚に感謝を述べ、遥も精神的に大きく成長しましたし、岩鳶高校は盤石の態勢で大会に臨めそうですね。
対して凛もここにきてようやく素直になったのか怜に本心を打ち明けます。本心を打ち明けるのが遥とか真琴ではなく、怜なのがまた素直になったけど素直じゃない凛の性格が表れている気がしますが…。
んで、「Free!」第2話で遥たちが鮫柄学園のプールに夜に侵入して、そこで凛と会って遥と凛が勝負するわけですが、あの時は結局凛が勝利してその時の遥の言葉に凛が食ってかかり騒動となったわけですが、
あのシーンで凛はオーストラリア留学で挫折したことに対して吹っ切れていたんですね。
なんかちょっと凛の心境の変化に関しての設定が無理やりな感じがしないわけでもないですが、凛は素直な性格ではないだろうということでまあそんなもんか。
まあそもそも人の感情なんてそんなうまく説明できるもんでもないですしね。←それを言ったらおしまいな気もしますが…。
なんにせよこれで凛も盤石の態勢で地方大会に臨めるのかと思いましたが、御子柴部長からまさかの言葉が…。
これまでチームメイトとの交流をろくに行ってこなかったであろうツケがここで凛に回ってきます。
いやでも御子柴部長ももっとはやく言ってあげればよかったんじゃ。これじゃあフリー100mにも影響が出ちゃうような…。
次回はいよいよ最終回。
凛はどうなってしまうのか?遥たちのメドレーリレーの結果は?
ということでまた次回。

 - 京都アニメーション