ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ」感想

   

全国大会に向けて一気に新キャラが登場しましたね。早速かませになってしまった我梅学院の人たちがちょっと可哀想でした。

以下、ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ」の感想になります。

 

ニールセン・ラボという事で、前作のキャラクターであるニルス・ニールセン君が大人になって登場です。彼も見事に出世してますね。

前作はPPSE社は主催者でしたが、裏工作をいろいろとしていてイライラすることもありましたが、今作ではヤジマ商事が主催者で安心して見ていられそうですね。

ビルドバーニングへのダメージがセカイの身体にも反映されているのはガンプラバトルシステムがおかしいんじゃないかと思ったりもしましたが、違うみたいなので。

 

 

んで、そのニールセン・ラボで合宿を行うことになったトライファイターズですが、フミナ先輩の私服いいね。しかもZZのOPの替え歌をセカイと一緒に歌っているしww。アニソンを夢中になって歌う女の子いいね。

なんか最近バトルが多かったり、ミライさんの水着があったりでしたが、やっぱりフミナ先輩かわいいよね。

 

 

我梅学院はリーダー以外の2人はいかにもやられ役って感じですが、リーダーは結構思わせぶりに登場しておいて、ガンプラ学園のアドウ・サガにあっさりやられてんだもんなぁ~。

ってことで結局我梅学院もトライファイターズの3人もアドウ・サガの引き立て役になってしまったわけですが、

そのアドウ・サガですが、粗暴で口は悪いですが、ガンプラバトルの実力に関しては本物でしたね。

 

ってかむしろ、計6人もの挑戦を受ける羽目になってしまったんですよね。さらにユウキ・タツヤまで参戦してくる始末ですし。

まあユウキ・タツヤは戦うつもりではなく、ガンプラバトルを止めるつもりだと思うんですけどね。

 

おそらくアドウ・サガが我梅学園の3人を挑発して戦うことになり、勝利したら、その後いきなりユウマが乱入してきて、しかも因縁を吹っかけてきて、さらにセカイとフミナ先輩まで乱入してきて、主人公サイドの方が悪役と思うような展開でした。

これはもっと他にやり様がなかったのかな?と思わざるを得ない。

 

それとユウキ・タツヤ。

Cパートでアラン・アダムスにより正体が明かされてますが、Cパートがなくても登場のBGMとホビー誌でネタバレされてたのでほとんどの人がすぐに分かったと思いますww。

レッドウォーリアが雑誌とかネットで見た時より、アニメで見たときの方がずっとかっこよく描かれていたのはよかった。

個人的には前作でエクシアを使用していたんだから、その後継機のダブルオーを使用してほしかったなと。せっかく版権的のもOKになったんだし。

 

ガンダムビルドファイターズトライ 第11話「ニールセン・ラボ」の感想は以上になります。

ではまた。

 - ガンダム