ガンダムビルドファイターズトライ 第15話「新生!トライ・ファイターズ」感想

   

オホーツク学園なのになぜ南北海道なのか…。ってか去年の全国ベスト8を惜しげもなく使ったな。

以下、ガンダムビルドファイターズトライ 第15話「新生!トライ・ファイターズ」の感想になります。

 

全国大会がスタートして、トーナメント表が発表されましたね。まだどことどこの学校が当たるのかわかりませんが、必ずしもすべてのライバルが聖鳳学園と当るわけではないのが、トーナメントの辛いところですね。

まあ聖鳳学園のトライファイターズの3機体が改良されたので、当面はその改良されたガンプラの性能披露をしていきながら勝ち進んでいくんでしょう。

今回の1回戦もそんな感じで去年の全国ベスト8があっさりと犠牲になりましたからね(笑)。

 

 

サカイ・ミナトのガンプラはやっぱりZZがベースのようで、さらに本家ZZと同じように分離・合体の機能もあるようで、今回のCパートで分離した姿が披露されていました。

うんww、やっぱりスーパーロボットにしか見えない。すごい場違い感がww。

でもどうしようww、あの3体が合体した状態での戦闘シーンがすごい楽しみなんだけどww。

 

ボディーの部分がライオンになっていることからライオン繋がりでヘルアンドヘブンみたいな技を繰り出してきてセカイのトライバーニングガンダムの次元覇王流とぶつかったらどうなるんだろうとか想像してしまうな。

 

あと片隅でいじけたり、女の子にデレデレしたりサカイ・ミナトもヤサカ・マオみたいな扱いですね。ってか心形流という流派がそういうキャラなのか。

 

 

次回はガンプラ学園のキジマ・シアのガンプラが初披露となるわけですが、どこと戦うことになるのかな?
予告映像を見る限り、我梅学院か統立学園のどちらかだと思うけど。

ガンダムビルドファイターズトライ 第15話「新生!トライ・ファイターズ」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム