ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心」感想

   

なんというかさ、セカイとイノセ・ジュンヤのバトルよりクロスボーンガンダムX1フルクロスが動くことの衝撃の方がすごかったな。

以下、ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心」の感想になります。

 

セカイはまたヘンテコな新技を出しましたねww。

あのシーン、本当ならいろんな格闘技を経験して技だけを習得して、ガンプラも見よう見真似で作っただけのイノセ・ジュンヤが、

他人が作ったガンプラを譲り受けたに過ぎないセカイがガンプラと次元覇王流を融合させて自分だけの強さを手に入れているということを理解するというシーンなんでしょうね。

 

ただ、なんかイマイチ伝わりきっていない気がするんだよなぁ~。

 

どうしてもイノセ・ジュンヤが自分でガンプラを作ったのに対して、セカイは所詮他人が作ったガンプラじゃんと思ってしまうんですよね。

 

まあ前々回でセイが思う存分使ったくれといった旨の伝言があったり、今回もRGのコアユニットが光ってトライバーニングガンダムがセカイに応えるシーンなど、もう完全にトライバーニングガンダムがセカイのものであることがわかるシーンがあるにはあるんですけど…。

 

 

我梅学院とグラナダ学園の戦いはもう完全に我梅学院が引き立て役でしたね。登場した瞬間「あっ…」って思ってしまいました。
まあ彼らも健闘したほうだよ。せめてやられるところを見せてほしかったけど、きっと前半のバトルシーンでもうそんな余力は残っていなかったんだろうね。可哀想に。

 

グラナダ学園のルーカス・ネメシスは、というかクロスボーンガンダムX1フルクロスはオーラが半端ないな。きっとグラナダ学園は他のメンバーもそれなりに実力なんでしょうけど、必要としないワンマンアーミーなんだろうな。

いやーマジでバリバリ動いて無双するところがみたいなと思っていたら、次回はガンプラ学園とのバトルか。

どうせガンプラ学園を敗北ギリギリのところまで追いつめても結局グラナダ学園が負けるんでしょ。せっかくクロスボーンガンダムX1フルクロスが動くところが見られると思ったら、あっというまに退場かぁ~。

ガンプラ学園はチーム3人全員キャラが立っているのに対して、グラナダ学園は他がモブキャラだもんなぁ~。その差かな。

天大寺学園のサカイ・ミナトは勝ち進んでユウマとの因縁の対決が実現しそうですね。

ガンダムビルドファイターズトライ 第20話「折れない心」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム