ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに」感想

   

今更だけど、トライオン3ってダブルゼータがベース機体なんだよなぁ。すごい改造だよな。

以下、ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに」の感想になります。

 

ルーカス・ネメシスはオープントーナメントで待つとセカイに言って去っていきましたが、世界が舞台のガンプラバトルとかこの2期の売上が良かったら、3期とか劇場版でやるつもりなのかな?
さりげなく続編を匂わせるシーンでしたね。

 

 

今回のトライファイターズとトライオン3のバトルは大技を出し合う、大味なバトルでチーム戦もくそもなかったですし、

トライバーニングガンダムの次元覇王流の聖拳突きとロケットパンチ1発分が同程度の威力なのに、ライトニングガンダムフルバーニアンのバックパックとロケットパンチ2発分が同程度の威力と言うのがちょっと納得いきませんでしたが、

こういうバトル嫌いじゃないです。ユウマもようやく一皮むけたって感じでしたし。

 

最後地面に刺さったビームライフルを拾って止めを刺すシーンは、前作のメイジン・カワグチ対レナート兄弟の戦いを思い出しますしね。

あと最後ユウマが弾切れまでひたすら打ち続けるシーンなんかもユウマの必死さが伝わってきて好きです。

 

 

次回は決勝戦前夜を描く回かな。

1期の時見たく、PPSEのマシタ会長に操られてメイジン・カワグチが中二病患者みたくなっちゃって決勝戦が不本意なものとなる心配がないのはいいんですが、

なんか3対3のチーム戦というより、1対1のタイマンを3回やることになってしまわないか心配です。

最終話までのシナリオとしては第25話が最終話だとして、

第23話・決勝戦前夜
第24話・決勝戦途中まで
第25話・決勝戦決着とエンディング

って感じになるのかな。それとも決勝戦後にエクストラバトルとかあるのかな。

 

ガンダムビルドファイターズトライ 第22話「心のままに」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム