ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」感想

   

ベルリが前回の次回予告でラライアさんとさん付けしていたので違和感を覚えていましたが、それは今回で一気に幼児退行が回復していたからなんですね。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」の感想になります。

 

新OPになるのは来年からかと思いましたが、今回からお披露目でしたね。

うんww、とりあえずベルリとアイーダさんのことを歌っているのはわかるんだけど、OPに向いているかというと何とも微妙ww。

しかもこのOPを見るたび毎回グリモアの百烈拳とカーヒルが殺されるのを観なければならないなんてww。

 

ってか1クール目のOPも今回からの2クール目のOPも本編の映像を使ってのものなんですよね~。まあそれができるのもつなぎの富野と言われる富野監督の手腕があってこそなんでしょうし、OPアニメーションに使う予算を浮かして他に回すという判断をしたんでしょう。

 

個人的にはブレンパワードくらいインパクトのあるOPを期待したんですけど、今あれをやったらBPOがうるさそうですもんねww。

 

 

んで冒頭でも書いたようにラライアの幼児退行が一気に回復しましたね。

前回ザンクト・ポルトに入ったときに知恵熱を出したとノレドが言っていましたから、そこで回復したんでしょう。

ラライアは今回やってきたトワサンガの月の艦隊の連中とは違う別働隊という事はわかりましたが、ラライアがなぜGセルフに乗って地球に降下しようとしていたのかはまだ明かされていませんね。

どういうタイミングで明かされるのかが気になる。

 

またそのGセルフですが、今回ベルリによって捕虜となったリンゴ・ロン・ジャマノッタがGセルフが試作機なんじゃないかと言っていましたから、もしかしたら今後Gセルフの後継機が登場するかもしれませんね。

ってか先日行われたガンダム Gのレコンギスタのトークイベントによると、新しいGが登場するみたいなので期待。今度はカッコいい機体だといいけど…。

 

さらにニュータイプという言葉も今後出てくるみたいで、そう考えると今回のベルリのまるでアムロのような戦闘での活躍も何となく納得がいきます。

 

 

あとマスクがマニィに戦闘では戦艦の中央に避難するように警告したりと、気にかけている描写があってよかったけど、

マニィの方はバララに嫉妬してMSに乗るとか言い出して不安です。マニィがMSに乗ったら不幸になる未来しか見えないよ。

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」の感想は以上になります

ではまた。

 - ガンダム