ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」感想

   

ニュータイプと言う単語も飛び出てきて、ベルリが絶賛覚醒中ですね。マスクじゃもう相手にならないんじゃないか。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」の感想になります。

 

ラライアはドレッド艦隊が地球に来るまでの偵察のような役割があったわけですね。

でもドレッド軍で不採用になったGセルフを回されたり、今回のラストで登場したラライアの故郷の人たちの反応からしてドレッド軍はラライアたちのことを小間使いのように扱っているようで、あまり仲が良くないみたいでしたね。

対立があるのはどこの組織も同じようなものなわけですね。

 

戦闘ではベルリが大活躍で敵パイロットからニュータイプだとか言われてましたが、地球に住んでいるキャピタルやアメリアの人たちからはその言葉は全く登場しませんでしたが、宇宙に住むトワサンガにはまだ伝承として残っているってことか。

でもそれならトワサンガにもニュータイプと呼ばれる人間がいてもいいと思うんですが、それになにより、敵にもニュータイプがいてくれないとただただベルリが無双しているだけだと戦闘がつまらないんですよね。

なんかマスクがまた登場してベルリと戦ってももう相手にならなそうで、確か次回に新しいGが登場するとかなんとか言われていた気がするので、それに期待かな。

 

まあ次回一番楽しみなのは、ベルリとアイーダさんがなぜGセルフを操縦できるのかという事と出生の秘密がわかりそうなことですよね。

ガンダム Gのレコンギスタ 第15話「飛べ!トワサンガへ」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム