ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」感想

   

バララの乗っていたMSの千手観音みたいな攻撃はいったいなんだったんだ…。よくわからないうちにゴミ拾いをしだして戦闘終了しちゃったしな。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」の感想になります。

 

今回ラライアが乗っていたネオドゥは顔の部分がガンダムと同じで、もしかしたら宇宙世紀時代にガンダムとして使用されていたMSなのかもしれませんね。
そしてそれがいろいろと追加装甲を付けられて、作業用とか訓練用のMSとして使われていたとか。

 

戦闘していたのに結局みんなで掃除をしだすシーンは面白かったな。

マスクやクリムが競うように瓦礫の除去をしだす様子は、まるで学校で普段は掃除なんかサボってやらない悪ガキどもが急に餌をチラつかされて張り切って掃除しだす姿と被ってしまい、笑ってしまいました。

まあ地球上のエネルギー問題に関係してくるので、戦っている場合ではないと判断してのことなんでしょうが、

対立していても共通の問題には協力して対処できることをすばらしいことと肯定的な見方をするか、こんな状況にならないと協力できないと否定的な見方になるか富野監督はどう考えてこのシーンを作ったんだろうとか考えてしまいました。

富野監督はGのレコンギスタのインタビューで原発問題のことにも触れていたような気がしますから、それも関係しているのではないかと勝手に思っているんですが、どうなんでしょうね。

 

 

クンパ・ルシータ大佐はやっぱりトワサンガの出身でしたか。以前のセリフでも地球人と蔑むようなセリフを言っていましたからね。

それ以上に気になるのがロルッカ・ビスケスがそのことを知っていながら、ベルリたちに言わずに指摘されて初めて認めたことですよね。しかもクンパ・ルシータ大佐が言うにはこの人、Gセルフに核を搭載しているらしいし。

 

あとラライアが完全に回復したため、ノレドが完全に子離れできない親状態になっているわけですけど、最終的に語り部にでもなるのかな。

ガンダム Gのレコンギスタ 第17話「アイーダの決断」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム