ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」感想

   

本当の悪人はいないものだというクレッセントシップの艦長の言っていたとおりの結末になりましたね。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」の感想になります。

 

コロニーから海水が抜けていく問題は結局ジット団のリーダーが自身の機体で穴を塞ぐことになるとは意外でした。

まあ自分がGセルフを捕獲することに夢中になってコロニーに穴をあけたとはいえ、そんな責任感のある人間だとは思いませんでした。
結局クレッセントシップの艦長の言っていたように本当の悪人だったわけではなかったという事でしょうか。

 

それとジャイオーンはたいして活躍できずに終わってしまいましたね。

それに対してベルリは民間人の家を盾にしたり、コロニーの外壁を盾にしたりと私には利用できるものは利用する冷酷さのようなものを感じた気がします。

敵MSを攻撃するときも武装だけを狙って殺さないようにしているのも自分が人殺しになりたくないからのように感じますし。

 

 

それとGルシファーが登場したわけですが、マニィとノレドが搭乗していましたね。このままマニィかノレドのどちらか、もしくは二人乗りという事になるのかな。でもそうなるとGアルケインのようにあまり活躍は期待できそうにないですね。

ってか今Gのレコンギスタの公式HPを見たら、かなり更新されてましたね。

Gセルフのパーフェクトパックなる装備の情報がアップされてたり、おそらくマスクの最新鋭機になりそうな機体もアップされてたりと。このマスクの最新鋭機とGセルフとの戦いがラストバトルとなるわけですね。

それにしてもパーフェクトパックってなんぞww。絶対V2アサルトバスターのように対して性能を発揮することなくボロボロと破壊されそうな気がする。

 

 

そしてガンダムシリーズで何回目の登場なのかと言ってしまいそうになりますが、子安武人さん出演ですねww。

この子安武人さん演じるラグー総裁。人格者とか言われていたり、100歳を超えていたり、なんか胡散臭いよな。子安さんが演じているってことも相まってさ。

ガンダム Gのレコンギスタ 第21話「海の重さ」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム