ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」感想

   

Gセルフのパーフェクトパックすごいな。ほんとにすべてのバックパックの性能を使えるのか。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」の感想になります。

 

Gのレコンギスタはあと2話か3話だと思うのですが、マジでどう終わるのか読めないですね。

当初言われていたのは富野監督は最近はバッドエンドで終わることはないと言われていたので、明るく終わるのではないかと言われてきましたが、今回のベルリのロックパイを撃墜した時の反応を見ると、テレビ版のカミーユを思い出してしまいますね。

まあ今のところはベルリの周りのノレド、ラライア、アイーダ、ケルベスがいるので、必死にベルリを引き止められるでしょうけど、

そのあたりのベルリの周りの人間が戦死することとなればまたわからなくなってきそう。

 

 

それと冒頭でも書きましたが、Gセルフのパーフェクトパックって本当にすべてのバックパックの性能を使用することができるんですね。

最初それを聞いたときはただの喩えなのかと思いましたが、本当に使用していてちょっとかっこいいと思ってしまったww。

Gセルフの機体の色も該当するバックパックを使用した時の色になっていましたね。

普通ならGセルフの機体の色も変化するので、それを見てどういった攻撃をしてくるのか予測するというのが対策としてあげられるんでしょうけど、ちょっと性能が規格外すぎてGセルフに対抗できる機体があるのかと思ってしまいますね。

 

一応公式HPにあるイラストを見ると、ラストバトルはGセルフとマスクが登場するカバカーリーになりそうですが、果たしてマスクに務まるのかどうか。

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第23話「ニュータイプの音」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム