ガンダム Gのレコンギスタ 第26話・最終回「大地に立つ」感想

   

いよいよ最終決戦。そして決着後のみんなの気持ちの割り切りっぷりに驚きました。

以下、ガンダム Gのレコンギスタ 第26話・最終回「大地に立つ」の感想になります。

 

ギアナ高地での最終決戦は大局的に見れば、キャピタルアーミィが宇宙にあがっている隙にキャピタルテリトリィを攻めようとしたアメリア軍と、宇宙から降下してきたキャピタルアーミィが潰し合って終了。

ベルリのGセルフとマスクのカバカーリーはGセルフがバッテリー切れを起こしかけていたとはいえ、どちらも相打ちで行動不能となり、終了。

 

アイーダが戦闘後に双方に救助を呼びかけるという流れだったわけですが、

戦闘後はあっけないほど皆穏やかになりましたね。殺し合いまでして、仲間を殺されてもいるんだからもっと憎み合ってもおかしくない気がするんですが、

それに関しては公式サイトの富野監督の最終話のインタビューに富野監督の考えが書かれていましたから、まだ読んでいない方はそれを読んでいただければ。

 

特にルインとマニィの変わり様には驚きました。

マニィなんて、

前々回はマスクに「ベルリと友達になってください」と言っておきながら、前回には「ルインのために死んで」と叫び、今回も「ルインのためにいなくなって」とか叫んでたのに、最後はルインにコーンスープ作ってるしww。

 

まあそれだけ戦争というものが人の醜い部分とか激しい部分を強調してしまうという事を言いたかったのかもしれませんが、それでも個人的には戦争だったのだからとそんなに割り切れるものなのかなぁと思いますけどね。

もちろんこの戦いでジュガン指令、クンパ・ルシータ大佐、グシオン総監、ドレッド将軍などなど、戦いたがりが戦死して、生き残ったのが戦う気がそこまでない者ばかりが残ったからあそこまで綺麗に切り替えられたのかもしれませんけど。

クレッセントシップでアメリアのズッキーニ大統領もひき殺しましたしね。

 

 

という事でガンダム Gのレコンギスタは最終回を迎えたわけですが、正直言うと物足りないという感じですね。

メカに関しては、冨野監督自身が今のガンダムのリアル路線が大嫌いだと言っていただけに、これまでの路線とか違うオーガニック的な印象を受けましたし、最初はイマイチでしたが、回を重ねるごとに慣れてきてこの路線も悪くないなと思えるものでした。

ただストーリーとかキャラ描写がすごい駆け足な感じで、ストーリーもキャラの会話も気づいたら突然突拍子もない方向に行ってしまっているような印象を受けました。

これ2クールではなくて4クールでやれれば、ストーリーもキャラ描写もじっくりできるから、突拍子もない会話にも味が出たんじゃなかろうかと思わずにはいられないですね。

あとリギルドセンチュリーでも新幹線って残ってたのねww。

 

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話・最終回「大地に立つ」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム