コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 第3話「鉄骨のひと」感想

      2015/11/10

今回はなんともスッキリしないところで話を切られてしまったなぁという終わり方でしたね。

 

ラジオの方でも第3話はここで終わるのかぁというところで終わりますと
上坂すみれさんと中村繪里子さんのお二人がおっしゃっていたので、
覚悟はしていましたが、いざその通りになるとなんかうずうずしますね。

 

早く続きが気になりますが、次回予告を見る限り
どうやら人吉博士の過去編で、人吉爾郎を保護する話みたいですね。

今回のこととかはもっとラストの方で回収するのかもしれませんね。

まあ前回の風朗太の回で人吉は神化48年に風朗太を
タルタロス蟲人のカムペから助けてますから
この戦いで死ぬことはないのは確定してますが…。

 

 

なんにせよ人吉と柴来人の戦いで人吉は
「どちらが勝っても俺たちはもう正義ではない」
と発言していますから、まだ描かれていない3~4年で起こった
正義を信じられなくなった出来事とは何なのか
ってことを気に留めておけばいいのかなぁ~と思ってます。

 

この話の途中だとまだそれぞれの時系列での事件がどうなったのかわからなくて
終盤になってわかってきて、繋がっていく感じは
仮面ライダーキバを見ている感じですね。

私はリアルタイムで見てなかったので、ニコニコ動画の公式の毎週の配信を見ていて、
今第42話まで見たんですが、段々と過去と現在がリンクしていく感じがすごい面白いです。

まあコンクリート・レボルティオはもっと時系列が多いので複雑かと思いますがww。

 

 

そういえば今回はキカイダーっぽいサイボーグや人造人間が出てきましたね。

あと超人課のマフラーをしている芳村兵馬というキャラ、
マフラーしているし、ライダースジャケットっぽいのを着た恰好しているから
てっきり仮面ライダーのような超人かと思っていましたが、

時間停止の能力とか、しかも他人に譲渡可能とかちょっと便利すぎませんかww。

 

 

あとこのわたしといいことしない?的なシーン好きです。

©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会

©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会

鬼野笑美について描かれる回もあることを期待してます。

 

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜第3話「鉄骨のひと」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2015年アニメ