コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 第7話「空も星も越えていこう」感想

   

今回でアースちゃんがどんな超人なのか明らかになりましたが、見た目によらず結構独善的な超人活動をやっているなというのが私の印象ですかね。

 

アースちゃんは神化26年から活躍している古株という事ですから、やっぱり鉄腕アトムがモデルですかね。アトムも昭和26年から連載がスタートしてますから。

アースちゃんが見た家族の夢に登場するアースちゃんの父親のデザインとかいかにも手塚治虫先生が描きそうなデザインでしたもんねぇ~。

そんなアースちゃんが神化47年には機能を停止しておりました。

やっぱりアースちゃんの活動が世論への影響が大きすぎるのが問題になってしまったのかな。

 

あと味方になる超人をスカウトしてまわっている爾朗ですが、ジュダス、メガッシン、S遊星人と着々と仲間を揃えてますな。

 

そういえば、輝子のお付きのマスコットのウルは爾朗の前では人形のフリをしているんですね。

©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会

©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会

うむ!

非常に良いサービスシーンだと思います。

 

じゃなくてww、この輝子が左手に持っているウルが爾朗に対してだけ人形のフリをする理由が気になりますね。

今回の冒頭で笑美とバーで何やら意味ありげな会話をしていたのも気になりますし…。

 

コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜 第7話「空も星も越えていこう」の感想は以上になります。

次回はOPで爾朗と意味ありげに一緒に写っている天弓ナイトについてついに描かれるのかな。

ではまた。

 - 2015年アニメ