ラブライブ!2期第4話「宇宙No.1アイドル」 あらすじと感想

   

にこメイン回でした。他のμ'sのメンバーをバックダンサーにしてしまうにこだけど、やっぱり憎めないキャラですよね。

以下、ラブライブ!2期第4話「宇宙No.1アイドル」のあらすじと感想になります。

 

・ラブライブの予選を4位のギリギリで何とか突破することができたμ's。これから本選に向けてさらに練習を積んでいこうとした矢先、メンバーはにこが練習に参加していないことに気づく。

にこに何があったのか探るため尾行するが逃げられてしまう。そこににこの妹が通りかかり、自宅に案内してもらうわけだが、μ'sのメンバーをにこのバックダンサーだと言い出す。

にこが帰ってくるのを待って事情を説明してもらうと、どうやら親が2週間の出張でその間にこが弟妹の面倒を見ることになっているため、部活動を休んでいるとのだった。

しかしにこはバックダンサーの件は説明したがらない。

そこで穂乃果たちμ'sのメンバーはにこの弟妹を屋上のステージに招待して、にこのための舞台を用意する。
そしてにこはこれからはμ'sのメンバーとアイドルをやっていくことを弟妹に説明し、歌を披露するのだった。

 

 

弟妹へのアイドル知識の教育といい、自分がスーパーアイドルだと教え込んでいたり、自宅に張ってあるμ'sのポスターも合成して自分をセンターにしていたりと、

にこちゃんはμ'sのマスコットキャラ的な立ち位置で、どこか憎めないキャラですよね。

それに、にこちゃんの過去のアイドル研究会での過去の活動も見ることができてよかったです。

普段はおふざけキャラで話を盛り上げる役割のにこちゃんですが、部員が次々と辞めてもアイドルへの情熱を忘れずに活動し続けていたのはやっぱりすごいことですよね。

という事で今回でよりにこちゃんを好きになれた回でしたね。

 

ちなみににこちゃんは母子家庭であまり裕福な家庭ではなく、そのことにコンプレックスを持っているそうなので、

今回の件を最初は話さなかったのもそのコンプレックスによるものですかね。

あと、合宿で真姫ちゃんの別荘を皆がすごいと言っている中、一人だけ悔しがっているのもそれが原因でしょうね。

 

それはそうと、希は通れない車と車の隙間を凛は通れていましたが、またネットでドムとかサイコガンダムとか言われそうですね。

いやいや希は可愛いし、全然太ってないから!
しかも面倒見がよくていい子じゃないですか。

ちなみに私が一番好きなキャラはことりちゃんなんですけどね。

まあなんにせよ、希をサイコガンダムと呼ぶのは許さん。でもドムと呼ぶのはいいかww。
だってドムも可愛いですからww。

なんかニコニコ動画にジオンのMSのガンプラをコマ撮りしてμ'sのダンスを踊らせてみた動画があるのですが、それの影響でジオンのMSが可愛く見えてしまうんですよ。

兵器なのに可愛く見えてしまうなんて、やっぱりジオンのテクノロジーは脅威ですね。

 

という事でラブライブ!2期第4話「宇宙No.1アイドル」のあらすじと感想は以上になります。

次回は凛ちゃんがメインの回かな。
でもラブライブ!は1クールでしょうから、μ'sのメンバーそれぞれにメインの回があるほど話数があるのかな?
ではまた。

 - 2014年アニメ