ラブライブ!2期第6話「ハッピーハロウィーン」 あらすじと感想

   

ハロウィーンのイベント回でしたが、そのイベントというよりμ'sがそのイベントに向けていろいろと試行錯誤するのがメインでした。いろいろと笑わせてもらいましたww。

以下、ラブライブ!2期第6話「ハッピーハロウィーン」のあらすじと感想になります。

 

・秋葉原のハロウィーンイベントにゲストとしてA-RISEと共によばれることになったμ's。

このハロウィーンイベントをラブライブ!の前哨戦として、A-RISEより目立つことで最終予選に向けて少しでも差を縮めておこうと穂乃果たちμ'sのメンバーは考える。

そのためにいかに観客にインパクトを与えるか試行錯誤するが、見事に迷走してしまう。

最終的に、μ'sは元々個性的なメンバーが集まってできたグループなので今のままでいいという結論に至り、いつも通りライブに臨むのだった。

 

 

とまあ観客にインパクトを与えるためにいろいろ試行錯誤していたわけですが、見事に迷走していたわけでいろんな部活のコスプレ、他のメンバーになりきったり、ロックバンドのコスプレをしたりと笑わせてもらいました。

ハロウィーンイベントには使えそうにないですが、いろんな部活のコスプレは結構使えそうですよね。ことりちゃんが言っていたように無駄じゃなかったですよね。

でもまあ不慣れなやつほど奇を衒うとアニメ・氷菓で折木奉太郎が言っていましたが、まさしくその通りなわけで、いつも通り自分たちの王道を行くのがベストですよね。

それに気づいていつも通りにライブをやってくれてよかったですわ。

 

そういえば衣装ですが、穂乃果、絵里、海未の3人が同じデザインの衣装でそれぞれ色違い、同じくことり、凛、花陽の3人、にこ、真姫、希の3人でセットにしていましたね。
なんというかうまい具合に労力の節約をしているなと思いました。

 

それにしても今回はにこがやけに焦っていましたね。ことりちゃんとにこの会話もにこがなんかすごい感じの悪い子になってしまっていますし。

今回のハロウィーンイベントではA-RISEも参加しているからなのか、テレビ出演があったからなのか、それともただ単にことりちゃんとの個性の対比を見せたかったからなのか。

どちらにしてもことりちゃんの言葉を聞いて、にこのなにかしらのセリフを入れてくれていればまた印象も変わっていたと思うのですが、
今回のこのやりとりだと焦りによる苛立ちをにこがことりにぶつけて、それをことりがなだめたことにより、ことりが株をあげてにこが株を下げたようにしか見えないんですよねぇ~。

 

あとそのシーンで衣装制作班に差し入れを持ってきていたっぽい希の姿が映りますが、希はやっぱり気が利くいい子ですね。希は最近μ'sのメンバーの中で私のお気に入り上位にきています。

 

んで、最後は珍しく続きが気になる引きで終了でした。次回は穂乃果が生徒会の仕事でいろいろと奮闘する回になるのでしょうかね?
ってか雪穂の四つん這いが妙にエロかったなww。
ラブライブ!2期第6話「ハッピーハロウィーン」のあらすじと感想は以上になります。ではまた。

 - 2014年アニメ