劇場版 ドラゴンボールZ 復活の「F」を見てきました。

   

ドラゴンボールZ 復活の「F」入場特典

先週の日曜日にドラゴンボールZ 復活の「F」を見てきました。

 

上映二日目、日曜日の午後に見に行ったわけですが、休日の午後という事もありますが、かなりお客さんが入っていたと思います。やっぱりドラゴンボールの人気はすごいですよね。

 

ちなみに写真は入場特典です。

ブックレットには原作者・鳥山明先生の脚本や制作裏話などが書かれています。

見に行ったのが二日目だったので、入場特典はもう在庫がなくなっているだろうなと思っていたんですが、まだありましたのでもらうことができました。

 

 

ストーリーについてはネタバレになるので詳しくは書きませんが、面白かった。満足です。

ベジータファンの私としては前作の「神と神」に引き続き、今作もベジータが大活躍しているのはうれしい限りです。

もちろん、設定の矛盾とか、強さのインフレ具合とか粗を探そうと思えば探せるんでしょうけど、そんな細かいことは気にせず童心に返って楽しみたいですし、私は童心に返って楽しんで見ることができました。

また入場特典のブックレットにて鳥山明先生も書いてある通り、「神と神」ではアクションシーンが少なかったので、今作はアクションシーンが多めとなっております。そこも嬉しいポイントですね。

復活の「F」でフリーザを復活させたので、今度の映画は復活の「B」でブロリーを復活させて映画やってくれないかなww。

ではまた。

 - 映画