機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話「足跡のゆくえ」感想

   

2クール目のOPから登場していて気になっていたガンダムシリーズでは定番の仮面の男が登場。
その正体が気になっていましたが、バレバレでしたねww。

 

それと今回はビスケットが兄のサヴァランと再会を果たしたわけですが、まあお互い死ぬことはなかったですが、なんというか利害関係で一致せず、分かり合うことができませんでしたね。

兄弟なのに利害関係が絡んでくるのがなんとも悲しいところです。

サヴァランは出世してドルト3で本社勤務となっていますが、もともとは暴動を起こした労働者と同じようにドルト2の出身で、彼なりにその労働者たちのことを考えての行動だったわけですが…。

 

 

過激派の行動を抑える為と経営者たちを交渉のテーブルに着かせるために武装蜂起したドルト2のナボナ組合長。

不満を煽り、その結果起こる暴動を虐殺し鎮圧することで見せしめとしようとしたギャラルホルン。

アトラをクーデリアと偽ってでも、ギャラルホルンに差出し、彼らのメンツを保つことでなんとか虐殺を回避しようとしたサヴァラン。

 

なんというかギャラルホルンの管理体制に限界が来ているのかなと感じました。

 

 

んで、冒頭でも書いたガンダムシリーズ定番の仮面の男。

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

声でバレバレっていうね。ラジオでもパーソナリティーの2人がツッコんでましたねww。

仮面をつけた男が彼ならば、ギャラルホルンの事情やドルト2の労働者たちの暴動は知っているとは思いますが、なんでクーデリアの支援者のノブリスのことやそのノブリスの刺客であるフミタンのことまで知っているんだ?

 

あと仮面をつけた男が彼ならば、ギャラルホルンの人間なわけで、ギャラルホルンの人間ならばあの場面でクーデリアを連行しようとするのが自然だと思ったんですが、そんなことをする様子もなく、むしろ助言をしてましたね。

あの仮面は組織の意思は関係なく、個人の意思で動くときに使っているのかな。

そう考えるとやっぱり野心にあふれたキャラなんだなぁと改めて思いました。

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第15話「足跡のゆくえ」の感想は以上になります。

今回やたら責任、責任、連呼していたフミタンがどうけじめをつけるのか気になりますね。

ではまた。

 - 2016年アニメ, ガンダム