機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」感想

   

フミタンはここで退場となりましたね。
今回もメカバトルシーンはありませんでしたが、目が離せない回になりました。

 

ストーリーを見ると、今回のデモ行進をギャラルホルンが武力で鎮圧するもののドルトの各コロニーで同様の暴動が広まっていっているようで、

まあ結局のところギャラルホルンがすべての暴動を武力で鎮圧できるんでしょうけど、見せしめとしての効果はなかったですし、ドルトカンパニーも今回の虐殺で労働者を大量に失うことになったので、目論みどおりいったとはいえない結果になったんじゃなかろうか。
ギャラルホルンざまぁ。

 

 

また、テイワズの親分・マクマードはノブリスがGNトレーディングと言う会社名で武器の輸送を依頼していたことを見抜いていたんですね。

んで、マクマードはノブリスに協力関係を築くことを提案していたので、もしこれがうまくいけば一気に進展しますね。どうなるか…。

 

 

 

とまあいろいろ書きましたが、今回の第16話はやっぱりフミタンの死ですよ。

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

なんというか今回のクーデリアの、デモ行進の中でフミタンを見つけ、結局デモ行進の中心になってしまうという彼女のあまりにも軽率な行動にイライラした人もいるのではないかと思います。

このあたりが彼女がポンコツだと言われる所以なんだと思いますが、そのクーデリアが一つ成長するために、やっぱりフミタンの死は必要だったのかなぁと思いました。

 

なのでここからのクーデリアの言動には個人的に注目しています。

というのもこれまでは革命の乙女なんて言われていますが、今回の回想であったようにキャンディを恵んであげたのと同じような感覚で現在の体制に異議を唱えた結果、あれよあれよと祭り上げられ、周りに流されていったのがクーデリアだと感じていました。

そんなクーデリアがフミタンの死をきっかけに、周りに流されない、誰かに利用されない、そんなふうに成長していくと期待しています。

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第16話「フミタン・アドモス」の感想は以上になります。

 

次回は久しぶりのメカバトルですね。阿頼耶識システムを搭載したグシオンリベイクを昭弘がどう乗りこなすのか、またガエリオのガンダムキマリスも楽しみです。

ではまた。

 - 2016年アニメ, ガンダム