機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話「相棒」感想

   

やっぱり予想通り交渉はすんなりいきそうにないですね。
あと魚に対しての反応など火星と地球の食文化の違いが垣間見えて面白かったです。

 

アインはやっぱり阿頼耶識の移植手術を受けることになりそうですね。アインが目覚めたときに自分に移植された阿頼耶識を見ていったいどんな反応をするのか。

またマクギリスが言う阿頼耶識の本当の力と言うのも気になるところです。ってかマクギリスはなんでそんなこと知ってんだ?

 

あと、ガエリオ役の松風さんもおっしゃっていましたが、ガエリオはすごい良い人ですよね(笑)。

最初はエリート意識の高い、いけ好かない野郎かと思っていましたが、部下思いで、ドルトコロニーでのギャラルホルンのやり方にも嫌悪感を露わにしてましたし、すごい常識人な気がする。

鉄華団や阿頼耶識システムに嫌悪感を示してましたが、それは厄祭戦後からギャラルホルンによって植え付けられた価値観によるもので、アングラな部分を知らない真面目な人間だからですしね。

 

 

地球に降下したギャラルホルンに蒔苗東護ノ介の方から接触してきました。

ただアーブラウ代表を決める選挙までにアーブラウまで蒔苗東護ノ介を護送しなければならず、しかも対抗馬であるアンリ・フリュウというおばさんのバックにはギャラルホルンがいるという事でした。

まあ地球に着いただけですんなりと交渉がうまくいってしまったら、物語終わってしまいますからね。予想通りって感じなんですが、

なぜ鉄華団は事前に蒔苗東護ノ介について調べるとかしなかったのか?
調べればすでにアーブラウから追い出された蒔苗東護ノ介に会っても意味がないことくらいわかっただろうに。

ん?それともエイハブウェーブとかの影響で情報を仕入れることができないのか?

まだイマイチ設定がのみこめてないな。

でも宇宙航行もギャラルホルンの目を盗んでうまいことやる方法があるなら情報通信の方法だってあってもおかしくないと思うんだけど…。

 

 

んで今後の方針を巡ってオルガとビスケットが対立してしまったわけですが、

ビスケットのことをおやっさんが諭していましたし、ビスケットが鉄華団をやめることにはならないと思うんですけどねぇ。

ビスケットはサヴァランの遺書で堅実な道を選んでくれと書かれていたことが頭に残っているんでしょうけど、今回の場合は前に進んでも、後ろに下がっても堅実に行くなんて無理ですからね。

次回カルタの部隊が攻めてくるでしょうけど、ビスケットも前に進むしかないと気付くんじゃないかなと予想してます。

 

 

っていうかさ、今回のビスケットに限らず、現実でも堅実な道をって言う人、結構いるけどさ。

そもそも堅実ってなんだ?

この仕事なら堅実とか、この生き方なら堅実とか言われているけど、それが堅実だなんて保障どこにもないと思うんだけどな。

だって誰も5年後、10年後どうなっているかなんてわからないでしょ?
それはどんな仕事、会社にも言えることだと思うだけどなぁ~。

いかん、なんか胡散臭い自己啓発になってしまった(笑)。
という事でこの話はここまで。

 

 

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

今回は魚に対してすごい警戒する鉄華団の面々の様子が面白かったです。火星には海がないから魚とは馴染みがないってことですよね?

なんか魚をおいしそうに食べる日本人を見る外国人の反応を見ているみたいで面白かったです。

あと、魚を料理するアトラを臭いと言う三日月(笑)。やめてあげて(笑)。
やっぱり馴染みがない人からすると魚臭さは気になるんですかね。

魚を食べる文化がない外国人からすると日本人は魚臭いってのも聞いたことがあります。
インド人はカレー臭い、韓国人はキムチ臭い、白人はバター臭いとかってのも。

 

とまあ、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第20話「相棒」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2016年アニメ, ガンダム