機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話「まだ還れない」感想

   

ビスケットの死を鉄華団はどう受け止めるのか?気になった今回でしたが、なんか破滅に向かっていきそうで怖くなる回でした。

 

カルタはあの戦闘で前回三日月の乗るバルバトスに叩きつけられていましたが、何とか撤退できていたんですね。ただ魂が抜けた顔をしていて、散々でしたね。

それとカルタはイズナリオが後見人となっているようで、イズナリオがアンリ・フリューを支援しているのも、マクギリスとアルミリアを縁組させたのも自身の地位を確固たるものとするためで、

マクギリスの言うようにまさしく権力闘争ここに極まれりですね。

 

ってかカルタはマクギリスにもイズナリオにも迷惑がられているのね。

地球外縁軌道統制統合艦隊という閑職に回されたのは、妥当だったというわけですか。
セブンスターズの一門、イシュー家で影響力もバカにならないくせに無能なカルタは、閑職に置いておくしかなかったわけか。

 

 

んで、マクギリス。
ギャラルホルンの基地で、モンターク商会と普通に通信を取り合っていて、ビックリしました。バレないもんなんですね(笑)。

そしておそらく新しいガンダムタイプのMSが出てきましたね。
この機体に阿頼耶識システムを移植したアインがラスボスとして登場するのかね。

 

 

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

ビスケットの死に対しての反応は三日月以外の面々は予想できましたが、三日月はどんな反応をするのか気になっていました。さすがの三日月も悲しむのかなとか思っていましたが、うじうじ悩むこともなくもう完全に覚悟が決まっている様子でした。

三日月にそれだけの覚悟をさせた三日月とオルガの幼いころの回想の内容が気になります。

 

んでその覚悟が既に決まっている三日月に励まされたオルガですが、立ち直ったというより暴走しているような気が…。

三日月も励ましたというより、私にはなんか脅迫しているみたいに見えました。

冒頭でも書きましたが、ブレーキ役のビスケットがいなくなって鉄華団が破滅に向かっていっているように見えて今後が怖くなる回でした。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第22話「まだ還れない」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2016年アニメ, ガンダム