機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」感想

   

すごい続きが気になるところで終わってしまいましたね。もう最終回すでに放送してますが、これ書いてから見るつもりなので早く書かないと。

 

鉄華団がどうやってクーデリアと蒔苗をエドモントンの議会に連れて行くのか、気になっていましたし、てっきりMSを使って派手に電撃戦に行うのかなとか考えてましたが、

エイハブリアクターの市街地への持ち込みは禁止されているのでMSが市街地に乗り込めないですし、仮にそれを破って乗り込んでクーデリアと蒔苗が登場したら2人の印象が悪くなって選挙に不利になるなんてことすっかり失念していました。

 

 

ってことは鉄華団のモビルワーカー隊が阿頼耶識システムによってMSと一体化したアインによってプチプチ潰されるかのごとく殺される心配はないかなと思っていたら、

アジー、ラフタ、シノのMSが次々と撃破されて生死不明だし、クーデリアを追って市街地にツッコむし、

ラフタの射撃をすごい動きで躱しているし、なんか阿頼耶識システムを使用している高揚感からなのか強化人間のような興奮状態になっているし、

アイン、やべぇよ、やべぇよ。

しかも三日月のバルバトスが最後駆けつけて間に合いましたが、てっきりアトラかオルガが死ぬのかと覚悟しちゃいました。

ってか3人の乗る車、転倒してましたが、蒔苗は大丈夫なのか?

 

 

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

三日月以上とラフタが表現したアインと阿頼耶識システムとの同調ですが、それでも三日月さんなら…、三日月さんならなんとかしてくれる。

ってかぶっちゃけると、アインのグレイズ対三日月のバルバトスはまあ三日月は主役だし、出来レース感がありますが、

マクギリスのグリムゲルデ対ガエリオのキマリストルーパーの対決の方がどうなるか読めなくて楽しみですね。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第24話「未来の報酬」の感想は以上になります。

ではまた。

 - 2016年アニメ, ガンダム