機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」感想

      2015/11/06

三日月のバルバトスの初宇宙戦そしてライバルとの初戦闘でした。だけどさ…。

 

おそらく三日月のライバル的存在になるであろうマクギリスとの初戦闘回でした。
マクギリスはおそらく主人公である三日月のライバルに相当するキャラですよね?
それ考えるのが妥当なくらい存在感のあるキャラなわけですが、

© 創通・サンライズ・MBS

© 創通・サンライズ・MBS

このラストのトドの情けない姿ですよww。
全て持って行ってしまいましたね。

今回はこのトドといい、コーラルといい面倒くさいキャラ2人が退場してくれてスッキリしましたね。
CGSの一軍の連中といい、この鉄血のオルフェンズは割とウザいキャラから退場していくアニメですね。普通いいやつが早々に退場して、ウザいキャラはいつまでも残っているんですが。

ただコーラルはともかく、トドは生きているんで、
殺さなかったことを後々後悔することにならないといいですけど…。

 

 

戦闘は三日月の操縦技術と対応力の早さ、

バルバトスのスラスター部分のナノラミネートアーマーの消耗を見抜くマクギリスの観察眼、

といった感じでこの2人が別格といったところでした。

 

ガエリオは三日月にチョコレートの隣の人と覚えられていたりと
なんかおちょくられている感がありますね。

いやまあ、ガエリオも阿頼耶識システムに対して吐き気を催していたり、
カスタムされたグレイズに乗っているんで、エリートなんでしょうけど
なんというかジェリドとかコーラサワーと同じ臭いがするww。

あとマクギリス役が櫻井孝宏さんなので、
このマクギリスもビゾンみたく物語後半では
キャラ崩壊してものすごい執念で主人公を追いかけまわすようになるのかなと
ついつい思ってしまいます。

そういえばガエリオ役の松風さんはコルネーリア魔法学園というラジオで
鉄血のオルフェンズでガンダムに乗れることになってうれしいと話していたので、
ガエリオとマクギリスの2人は後々ガンダムに乗ると思いますが、
どんなガンダムになるんでしょうね。楽しみです。

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第5話「赤い空の向こう」の感想は以上になります。

あ、あとアトラも一緒に地球に行くことになりましたね。よかった、よかった。

ではまた。

 - 2015年アニメ, ガンダム