牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第14話「変身」 あらすじと感想

   

今回の14話は最初からクラマックスな展開で一気にストーリーが進行しましたね。

という事で以下、牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第14話「変身」のあらすじと感想になります。

 

・簡単なあらすじ
今回は冒頭からホラー戦。ホラーはイドラというホラーで石板に封印されていたホラーでエイリスが潜んでいた。雷牙とクロウの2人を相手にしても互角に渡り合えるほどの実力で、雷牙が牙狼の鎧を召喚し倒したかに見えたが…。

またエイリスはイドラが倒された際に他のホラーに転移してしまったため、結局石板のホラーを全てを倒さなければならないことに。

イドラの石板の破片を封じたマユリは調子が悪くなってしまい、その調整のため元老院は四道法師を冴島邸に遣わせる。

四道法師がマユリを調整するが、どうやらマユリの籠が開きかけており、それにより邪気が漏れておりホラーになろうとしているという。

またそれにより封印したイドラもマユリに体を乗っ取り再び復活しようとしていた。

そこで雷牙はマユリの自我に突入し、イドラを再度撃破。マユリの籠を閉じることに成功するのだった。

すっかり落ち着いた様子で眠るマユリを見て、四道はマユリの成長に驚くのだった。

 

 

・感想
今回は最初からエイリスが潜んでいるホラー・イドラとのバトルでクライマックスのような展開でしたね。でも潜伏しているホラーが討伐されても転移できるなんて卑怯すぎる。なんかもうそれなら石板のホラー以外にも転移できそうですよね。

あと、冒頭から敵とのバトルは実は敵を倒しきれていなくて後半になってその敵が復活してバトルはもはやウルトラマンとか仮面ライダーなどの特撮の王道的展開ですよね。

 

んで、今回でマユリの謎がはっきりしたわけですが、私はマユリは後天的にホラーを封印できる道具になったのかと思いましたが、先天的にそうだったとは予想外でした。

また、ホラーを封印して調子が悪くなっていく様はFateのイリヤとかを思い出させますね。

Fate、今年の秋にまたアニメ化されるわけですが、どんなストーリーになるのかな。Fateルート?、Heaven's feelルート?、それとの完全オリジナルルート?

まあマユリが調子が悪くなったのは心を持つようになり、前回のバルグで自ら籠を開いたことにより籠が開きかけの状態になって邪気が漏れていたことが原因なわけなので厳密にはイリヤとは違いますが。

 

それと今回雷牙が倒れているマユリに処方したクッキーのようなものですが、第11話「漫画」のエンディングでマユリが食べていたものと同じものですね、たぶん。

第11話のエンディングを見たときはただ単にマユリが夢中で食事も忘れて漫画を読んでいたため、体調を崩すくらいお腹が減ったいたのでとりあえずクッキーを食べただけに見えたんですがww、そうではなかったようです。

 

今回は新キャラで四道法師が登場したわけですが、登場前は優しく真面目はイメージでしたが、大酒飲みで豪快な登場で驚きました。

そして、最後の眠っているマユリにきれいになったなと語りかけるシーン、なんか実は四道法師ってマユリの父親なんじゃないかと思ってしまいました。結構可能性としてありそうじゃないですか?

マユリは必要な時以外は眠らされているわけですから、父親が四道法師くらいになっていてもおかしくないでしょうし。いや、四道法師の年齢知らんけどさ。

 

あと、もう一つ。牙狼シリーズでは儀式失敗しすぎww。リスク管理しっかりしろww。

牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第14話「変身」のあらすじと感想は以上になります。
次回はまたもゴンザメイン回ですかね?牙狼第4期テレビシリーズはこれまでになくゴンザ優遇されてますね。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>