牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第23話「追想」あらすじと感想

   

エイジの鎧召喚キターと思っていたら、クロウの身体がエイリスに乗っ取られて予想外の展開に…。

以下、牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第23話「追想」のあらすじと感想になります。

 

・簡単なあらすじ
クロウはマユリを助けるために祭壇に向かい、エイジは雷牙一人で戦うことに。鎧を召喚して戦う雷牙とエイジ。

その戦いの末、雷牙はエイジを追い詰めるが止めは刺さず、エイジが持っている鈴のことを話す。

雷牙に諭されてエイリス復活の意思が揺らぐエイジ。

そこにさらに追い打ちをかけるようにエイリスに乗っ取られたクロウが現れる。クロウはマユリを庇い、自分がエイリスに乗っ取られることでマユリを助けたのだった。

鎧を召喚して飛び去っていくクロウ。そしてそれを追いかける雷牙。

マユリと自分の過ちを認めたエイジの下には媚空が現れ、クロウと雷牙を追いかける。

 

 

・感想
エイジが召喚した邪骨騎士・義流の鎧は角が生えていたり、肩の突起や顔の鬣が禍禍しいデザインでいかにも悪役っぽい印象ですね。
ただ、今回のアクションシーンでその義流の角がひらひらと揺れていたのはまあご愛嬌、仕方のないことですww。

また相変わらずソウルメタルのおかげで物理法則を無理したアクションシーンでしたが、鎧召喚してのバトルシーンがたくさん見れて満足です。

クロウの鎧召喚も久しぶりに見れましたし、首都高を轟天で疾走する牙狼とかかっこよすぎですわ。

 

んで、今回一番驚いたのはやはりクロウの身体がエイリスに乗っ取られたことだと思うんですが、

実は今回エイジが鎧を召喚して雷牙とバトルになった時は、雷牙の牙狼が心滅してしまうのではないかと想像していました。

というのも牙狼公式がYoutubeにアップしたスペシャル動画を見ると、牙狼エンブレムが逆エンブレムの状態から通常の向きのエンブレムに戻るシーンが入っていたので、どこかで雷牙の牙狼が心滅するシーンがあると思われます。

「牙狼〈GARO〉-魔戒ノ花-」 スペシャル動画 公開!

↑この動画の55秒あたりです。

義流となったエイジを倒せない→鎧召喚の制限時間オーバー→心滅牙狼みたいな流れで起こると思ってました。

が、実際は雷牙があっさりとエイジを倒してしまって、クロウの身体がエイリスに乗っ取られる展開でしたから驚きです。

 

このクロウの扱いに対しての感想は半々ですかね。

エイリスに乗っ取られてしまってなんかずっと不遇の扱いだなという感想と、

このまま雷牙の味方でいてもずっと雷牙の引き立て役にしかなれなかっただろうから、こうなった方が活躍できるし、雷牙とのバトルもあっていいかなという感想の2つです。

次回はその待望の雷牙対クロウの戦いが見れるでしょうから楽しみです。その際にクロウの過去や本名が明かされると嬉しいです。

ちなみに残すところあと24話と25話の2話らしいです。

牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第23話「追想」のあらすじと感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>