牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第24話「稀人」あらすじと感想

   

牙狼の心滅獣身が来て予想通りでニヤリだったわけですが、その前の雷牙とクロウのバトルがなぁ…。

以下、牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第24話「稀人」のあらすじと感想になります。

 

・簡単なあらすじ
クロウの身体を乗っ取ったエイリスは開花の地である慟哭の湖まで飛ぶ。そこに轟天を駆り、追いかけてきた雷牙はクロウと取り戻すために戦闘となる。

エイリスはクロウの意識を呼び起こして、クロウの負の感情を増幅させることで雷牙を動揺させるが、雷牙はクロウを助けることに成功する。

クロウから抜け出したエイリスは慟哭の湖に根を張り、大樹を形成し、開花の準備に行い始める。

エイリスはあらゆる時代に繋がることが可能であり、雷牙の両親を異空間に引きずり込んだのもエイリスの仕業であった。

その事実を知り激昂する雷牙だったが、エイリスにより鎧の装着時間を奪われてしまい牙狼は心滅獣身に変化してしまうのだった。

 

 

・感想
雷牙とクロウのアクションシーンはなかなかに派手ですごかったわけですが、雷牙とクロウの会話のやりとりは空回り気味だったように思います。

クロウはマユリのことを「女です。」とか言い始めたときはどうなるのかと思ってしまいましたww。

また雷牙の「望んで優しい騎士になったわけではない、約束を果たしてきただけなんだ。」というセリフにはこれまでの回で雷牙の境遇についてしっかりと語られてきたのですごい納得できるものがあったわけですが、

クロウがどんな想いで魔戒騎士になったのかは全然語られていないのでもったいないなぁと感じました。

1期テレビシリーズでは鋼牙と零の対決があったわけですが、1期では鋼牙だけでなく零の過去についてもきちんと描かれていたので見ていて感情移入できるわけですが、

今期はちょっと雷牙を優遇しすぎで、クロウを冷遇しすぎですね。

 

 

雷牙の少年時代の回想でこれまでは両親が誰なのかは明言されておらず、わかる人にはわかるというところで留めていましたが、

今回ついに鋼牙役の小西遼生さんとカオル役の肘井美佳さんが声で出演しまして、エンディングのクレジットにも名前が載りました。

牙狼<GARO>~魔戒ノ花~は次回で最終回となるのですが、鋼牙やカオルが異界から帰還するところまで描かれるのかな?

 

 

今回は牙狼が心滅獣身してしまったわけですが、鎧の装着時間とか魔導刻とかの設定は今期ではクロウが初めて鎧を召喚して翼を生やした時に出てきただけでそれ以降は出てきていなかったので今更感はありますが、心滅獣身となった牙狼はカッコいいですね。

パチンコでは心滅獣身の牙狼は毎回プレミアム演出なので、このシーンもきっとパチンコのプレミアム演出に使われるんでしょうね。

心滅獣身=闇に堕ちるという事なので、プレミアム演出という事にいつも違和感を感じるのですが、まあかっこいいから仕方ないね。

んで、心滅獣身はへそのあたりにあるエンブレムが反転してしまっていて、そのエンブレムを突くことで心滅獣身を解除することができます。

ここはクロウに頑張ってもらいたいわけですが、なんかこれまでのクロウの冷遇っぷりを見ていると、結局雷牙が自力で何とかしちゃいそうな予感。

 

何はともあれ牙狼<GARO>~魔戒ノ花~は次回で最終回。

雷牙たちはエイリスとどうやって決着をつけるのか?マユリの運命は?あと鋼牙やカオルの運命は?

楽しみです。

牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第24話「稀人」のあらすじと感想は以上になります。

ではまた。

 - 牙狼<GARO>