牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第5話「星図」 あらすじと感想

   

クロウの鎧のお披露目回でしたね。なかなかに特徴的で個人的にはかなり好きな魔戒騎士かなと思います。
世界卓球の放送の延長による放送時間のズレが他の局のアニメと被ってしまって地味にきついですww。

以下、牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第5話「星図」のあらすじと感想になります。

 

・星を愛するあまり人が死んだら星になると盲信してしまい、実際に人を殺害してしまったルークという外国人がホラー・ステラスに憑依される。

青の番犬所から雷牙にホラー・ステラスを殲滅するように指令が下る。またクロウも元老院から許可が下り、今回から雷牙をサポートすることになる。

クロウは円参とオルヴァの能力を使い、ホラー・ステラスを探知する。

ホラー・ステラスは空から陰我の星を降らせようとするが、鎧を召喚し翼をはやしたクロウに空中戦の末に叩き落とされ、そこを牙狼に止めを刺され消滅する。

 

 

とりあえず、受験生はホラー・ステラスの英語がまったく聞き取れなかったのはさすがのまずいと思うww。結構簡単な英語だったと思うけど…。

 

さて今回の牙狼<GARO>~魔戒ノ花~は冒頭でも書いたようにクロウの鎧のお披露目回だったわけですが、クロウは雷牙には礼儀正しい態度を取りつつも、本心では何を考えているのかまだよくわかりませんね。

まあクロウは隠密の魔戒騎士と呼ばれているわけで、隠密なんていわゆる汚れ仕事みたいな部分だってあるわけで、そんなことを任されるのは任務中に死んでしまっても面倒にならない人間でしょうからきっとなかなかに壮絶な過去があったんでしょう。

それが語られるエピソードが楽しみですね。

 

クロウが鎧を召喚した姿、幻影騎士吼狼について思ったことですが、

まず鎧を召喚するポーズですが、印を結ぶようなポーズがあって忍者のようですね。

んで、肝心の鎧ですが耳が仮面のように顔を覆う事が可能で、耳で顔を覆った時は魔戒騎士と言うよりもホラーのような見た目で、牙狼<GARO>~魔戒閃騎~第9話で登場した化粧ホラー・アグトゥルスを思い出しました。

しかも鎧の召喚時間が短くなるという難点があるものの翼を生やして空中戦が可能とか、牙狼より優遇されてないか?

いや、鋼牙も翼人牙狼で翼生やしてましたが、あれは鋼牙とカオルの2人でなることができた姿で自由になることはできないわけですし…。

なんか吼狼は日本刀のような魔戒剣、手裏剣、翼が生える鎧と狼というよりも天狗とかカラスのイメージですね。

あと、珍しく魔導刻による鎧の召喚時間の演出が出てきたのはうれしかったです。

という事で牙狼<GARO>~魔戒ノ花~第5話「星図」のあらすじと感想は以上になります。
次回は「風鈴」ということでノスタルジックな雰囲気になる回ですかね。ではまた。

 - 牙狼<GARO>